So-net無料ブログ作成

ダービーの思い出 [競馬-雑記]

僕が日本ダービーを東京競馬場で生観戦したのはただ一度、1993年の第60回大会のみである。

その時のダービーはなかなか話題豊富で、皐月賞まではビワハヤヒデ対ウイニングチケットという構図に3番人気のナリタタイシンが優勝したものだから、ダービーではすっかり3強という事になって、どの馬が勝つのかと盛り上がっていた。また、名手・柴田政人がウイニングチケットで悲願のダービー制覇なるかと連日新聞を賑わせていた。

そんな中で、僕の本命は皐月賞に3着になったものの、進路妨害で8着に降着になってしまったガレオンだった。

昼過ぎに東京競馬場前に到着するなり、人、人、人…。JR府中本町から専用通路で競馬場に向かうも、人が多すぎてなかなか前に進まない。「こりゃ、やばいなぁ」と不安になったが後戻りはできない。ようやく東京競馬場に着いたが、物凄い数の観客。この頃毎週のように東京競馬場通いしていたが、こんなとんでもない数の観客は体験したことが無かった。もうどこに行っても人の波が絶えない。こんな調子じゃレース前に馬券売り場に並んでも買い損ねる恐れがあったため、ダービーだけは先に買っておこうと、ガレオンから数頭に流して馬連で購入。ついでに3レース前の馬券も買って正面スタンド前の観戦スペースに人を掻き分けて進む。やっとの事で居場所を確保したが、もう動けない。居場所といっても満員電車に揺られている状態と変わらず、やっと立っているといった状況。それすらやっと手に入れた場所という感じで、前のレースが終わって馬券を買いに行ったが最後、観戦できない恐れがあったので、もうダービーが終わるまで動かないことにした。

僕の本命のガレオンは元々足の弱い馬で、皐月賞が降着にならなければダービーの出走権を確保していたのだが、賞金が足りなかったためにNHK杯(当時GⅡでダービーのトライアルレース)に出走し、権利確保の2着で本番に臨んでいた。足の弱い馬なのに1回余計なレースを使わざるを得ず、期待は大きかったが不安も同じくらいあった。

やがてダービーが始まり、激戦の末に勝ったのは柴田政人のウイニングチケット。ガレオンは追い込んだが4着であり、馬券も外した。しかし今後に期待できる内容で、菊花賞は絶対ガレオンで決まりと思ったものだ。

家に帰ってニュースを観ると、ウイニングチケットが勝ったシーンの最後にゴール後ガレオンから騎手が下馬する姿が映し出され、ガレオンはレース中に足を故障して引退するとコメントがあった。僕はあまりの人の多さにターフビジョンを見るのもままならなかったため、その時まで知らなかったのだ。とてもショックでかなり凹んだ。

結局僕に残されたのはとてつもない疲労と、捨てられなかったガレオンから流した馬連の外れ馬券だけだった。

これは凄い! 日本ダービー十番勝負

これは凄い! 日本ダービー十番勝負

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2002/07/17
  • メディア: DVD

タグ:ダービー
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 1

gen_golf

はじめまして!
当時の皐月賞、私の本命も「ガレオン」でしたよ。当たったと思った馬券も
例の件でただの紙くずになってしまいましたけどね。
そして、トライアルで権利を獲得した時点でダービーでは買えないと判断し
ダービーでは、3強を買いました。
3強の名前は覚えていても、「ガレオン」の名前を覚えている人は少ないと
思いますが、当時応援していた馬なので、この記事を読んで懐かしさを
覚え思わずカキコしてしまいました。m(__)m
by gen_golf (2006-05-26 19:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。