So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ映画界を憂う [映画-雑記]

キングコング』に始まって、『ロンゲスト・ヤード 』『ポセイドンアドベンチャー)』『オーメン』そして夏は『スーパーマン』…。タイトルだけ見ると70年代に戻ったかのよう。いったいアメリカ映画はどうしてしまったのだろう。これでは過去の遺産を食い潰している状態としか言いようがない。しかも大作が多く、期待されての公開なのだが、新しい作品を産み出す力が無くなっているのだとしか思えない。

中にはリアルタイムで観た作品もあるが、リメイクの中にオリジナルを超えた映画はあるのだろうか。それを確かめる気もないのだが…。この傾向は決して今年だけの事ではあるまい。アメリカは新しい人材が育っていないのだと思う。

僕が若かった頃はアメリカ映画は憧れだった。ルーカス、スピルバーグといった若手が活躍し、デ・パルマ、カーペンター、ゼメキス、ロン・ハワード他書ききれないほどの新人が一気に登場し、劇場を賑わせていた。今でもリメイク大作以外はその時に登場した(活躍していた)監督の作品が殆どで、いったいその後には誰が続いたのだろうかと思わざるをえない。その人たちだってもうすっかり中年である。これから先、どの程度期待していいものか。

僕としては、今後のアメリカ映画の期待作はイーストウッドの新作くらい、そんなもの。

もうアメリカ映画なんていらない! と言いたいくらいだ。

それに反して日本映画は素晴らしい。『日本沈没』『スケバン刑事』『時をかける少女』『犬神家の一族』『どろろ』『ゲゲゲの鬼太郎』って、あれ?

この国も駄目かぁ~!

たぶん、まだまだ出てくるよ。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。