So-net無料ブログ作成
検索選択

「007 カジノ・ロワイヤル」 [映画(2006)]

「007/カジノ・ロワイヤル」オリジナル・サウンドトラック 「007」シリーズを観たのはいったいいつ以来か。多分ロジャー・ムーアが月にいった『007 ムーンレイカー』が最後だったのではなかろうか。したがってその後の2人のボンドは観ていない。今回はなかなか評判が良い様子なので久々に観たいと思ったのだ。トム・クルーズなんかと違う、渋い大人のアクションを見せてくれ!

いきなり白黒のMGMとコロンビアの会社のマーク。

「あれ、いつからユナイトじゃなくなったの?」

なんてボケかましてるうちに、まだ「00」のコードネームを貰う前の若きジェームス・ボンド(ダニエル・クレイグ)登場。2人を殺せばコードネームが貰えることになっており、その2人目を射殺したところで、例の銃口の中にいるお馴染みのオープニング。でも何か違う。タイトルバックもシリーズを踏襲した感じにはなっているものの、どこかしっくりこない。

「あれ、何かが違う…」

そのちょっとした違和感は最後まで拭えない。良くも悪くもマンネリを避けている様子。話も007になったばかりの若きボンドの冒険談なので、とにかくミスしまくり、裏切られまくり。おまけにM(ジュディ・デンチ)は女性だし。まぁ、それが悪いとは言わないが、何となくオールドファンには違和感が付き纏う。そしてその一番の原因は、恐らく何時も使われてきた、ジョン・バリーのテーマ曲がなかったためではないか。やはりズンチャカチャチャ~チャチャチャ、ズンチャカチャチャ~チャチャチャがないとしっくりこない。似せた曲はあったが、それならオリジナルを使ってもらいたかった。

話自体は確かに面白く出来ている。でもどこかで「007シリーズの最高傑作」って書いてあった気がしたけど、それは違うと思う。やはりショーン・コネリー主演の初期の作品が…なんて言ったら笑われるかな?

でも、これが『MI』シリーズの新作って言っても通用するような気が…。


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 10

アートフル ドジャー

どの映画評もロシアより・・以来の傑作と名高い本作。僕自身もMIは思いつかなかったけど、007っぽくないな~と言う、違和感・・・。おすぎが大絶賛してたけど・・・、やっぱ、おすぎの褒める映画で僕自身面白かった映画が無い!。
by アートフル ドジャー (2006-12-26 05:39) 

丹下段平

記事を書いた後に気がついたのですが、イギリス的な「粋」みたいなものが随分薄れてしまったような気がしました。SコネリーからRムーアくらいまでのボンドはいかにもイギリス人な雰囲気でしたが、映画自体がハリウッド的になってしまったのが違和感の原因かとも感じます。
by 丹下段平 (2006-12-26 23:55) 

アンソン

 お久しぶりです。今回の作品で気になったのがボンドが00になったばかりという設定なのに、時代は現代。ハイテクの新兵器続出。Mも女性だし(せめてバナードリーに似た俳優を)。シリーズとしては最新作を引き摺りながら、ボンドだけを昔に!という設定が機能していない。どうせやるならローテクを使う若きボンドが60年代の冷戦時代を戦うというノスタルジックな物語にしてほしかった。腕時計からワイヤーが出るとか? あと、血を流しながら戦うJチェンのようなボンドは現代的ではある。でも、それなら丹下さんのいうように「MI3」(でも、あれ自体が「スパイ大作戦」ではなくなってますが)の新作でもよくなってしまう。かといって、昔ながらのスマートな戦いをするボンドの人気がなくて、こうなったのも理解できる。結論。ボンド映画はもういらないのかも?
by アンソン (2006-12-27 07:22) 

丹下段平

アンソンさん、極論ですね。でもそれは否定できない。アメリカとソ連の冷戦下という設定があったからこそボンドの存在意義があったと思われますが、今現在の設定ではボンドみたいな人って必要あるの? と感じてしまい、映画というよりは人物そのものの否定ということになってしまいそうです。ですからアンソンさんの言う通りノスタルジックな御伽噺にしてしまうか、あとはアラブ世界か北朝鮮を相手にするしか道はないように思われます。
by 丹下段平 (2006-12-28 00:53) 

coco030705

こんばんは。
今日見てきました。私もショーン・コネリーのボンドがいいと思います。
私はこのシリーズが好きなので、ほとんど全部見てます。あと2作しかでてませんでしたが、ティモシー・ダルトンも好きです。
今回のダニエル・クレイグが悪いとはいいませんが、やっぱり男の色気は
ないでしょう。この人はハード・ボイルドがお似合いですよね。
だから、この人でいくなら、女性とは純愛路線で行くしかないと思いました。
TBさせていただきますね。
by coco030705 (2006-12-29 01:37) 

丹下段平

ハードボイルド→純愛路線なんですね。確かに真面目でジョークとか言わない男がプレイボーイってのは説得力ないですね。何となくDクレイグのボンドシリーズは長く続かない気がします。
by 丹下段平 (2006-12-29 03:42) 

ももも

こんにちは。TB失礼します。

ほんと、他の007シリーズとは全く違う映画でしたね。
私はこういう軽いノリ、好きなので楽しめましたがシリーズ好きには抵抗があるかも…。
by ももも (2007-05-29 12:04) 

丹下段平

もももさん、こんにちは。どうも古いボンド作品を観ていればいるほど抵抗があるようですね。そんな過去に囚われなければ面白かったのではないでしょうか。生身のアクションシーンは凄いスタントでした。…まさかあれもCGってことないんでしょう?
by 丹下段平 (2007-05-30 03:58) 

ももも

再度コメント失礼します☆

次作も彼で行くと聞いたような聞かないような。私の妄想かも。

あのスタントは多分リアルでしょう。同じようなのでベッソンの「アルティメット」という作品があり、ノンスタントノンCGだと聞きましたから。あちらの方が数段凄い筋肉技で壁もビルも飛び越えて(内容以外は)見応えがありましたよ。
ま、同じようなおバカ系映画ですので、日曜映画劇場なんかで観てくださればと思います~^^
by ももも (2007-05-30 14:26) 

丹下段平

僕も次回作にもD・クレイグが出るとの記事を読んだ記憶があります。多分間違いないでしょう。
本作のスタント、高所恐怖症の僕からすれば「どえらいスタント」です。あんな高い所を歩くだけでも「ありえない」と思ってしまいます。しかし、実は高い所に上ってみたい衝動も強いという自己矛盾もあって、東京タワーは勿論、名古屋のテレビ塔、通天閣も一応上まで行きました。で、上に行ってから「何で上ってしまったのだろう」と後悔するということの繰り返し。馬鹿の極致です。
by 丹下段平 (2007-05-30 23:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。