So-net無料ブログ作成
検索選択

「野良猫ロック セックス・ハンター」 [映画-DVD]

野良猫ロック・セックス・ハンター一般的にはシリーズ最高傑作と呼ばれている3作目、また前2作とは全く別の話。

マコ(梶芽衣子)は立川を根城にする女不良グループのリーダー。バロン(藤竜也)が率いる男の不良グループ・イーグルスとは付かず離れずの微妙な関係にあり、マリファナパーティーなどに興じる毎日である。バロンは近くの米軍キャンプの兵隊に、目の前で姉を犯されて以来、外国人を憎んでいる。立川の街に混血が目立ち始め、イーグルスは混血狩りを始めるようになる。そんな中、マコはふらりと現れた混血の数馬(安岡力也)と仲良くなる。数馬は生き別れになった妹を探しに来たのだった。バロンたちの混血狩りは日に日に激しさを増し、ついに数馬もターゲットになってしまう。数馬に好意を寄せ始めていたマコは…。という話。

結論から言うと、3作目も面白かった。でも前2作とは雰囲気も随分変わっていた。梶芽衣子は黒いハットに黒いベストとパンタロン。手にはステッキを持っており、後年の『さそり』っぽくなっており、存在感が強烈になった。その分浮世離れした感じになり、前作のアメリカン・ニューシネマなテイストから一気にB級映画っぽくなった。脚本も大和屋竺(と藤井鷹史)になり、少し社会派な感じもあるが、殺伐とした内容になった。好みの問題もあるが、ニューシネマな前作の方が好きだったかな。

残念なのは、シリーズで唯一この映画だけ范文雀が出ていないこと。まぁ、その分、梶芽衣子にスポットが当たり、魅力爆発な作品になっているので痛し痒しかな。梶ファンには垂涎の一本。きっとタランティーノも好きなんだろうな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。