So-net無料ブログ作成
検索選択

PRINCE [音楽]

いよいよ今日(日本時間は明日)、NFLのクライマックス、スーパーボウルがマイアミで開催される。長年応援してきたコルツがインディアナポリスにフランチャイズを移してからは初めて出場する。対するはこれまた応援していたシカゴ・ベアーズ。心情的にはコルツに是非とも勝ってもらいたい。コルツは長年痛い目に遭わされ続けて来たペイトリオッツにAFC(リーグ)決勝で大逆転勝ち。僕はこの時点でスーパーボウルも勝てるような気がしている。ペイトリオッツ以上の天敵なんてそうはいないだろうから。

スーパーボウルのハーフタイムに、今年はプリンスが登場するらしい。実はそれも楽しみ。1980年代、僕が一番よく聴いたのがプリンスの音楽だった。

1999彼の音楽を最初に聴いたのはTVKのPVを流しっぱなしの番組だった記憶がある。つまり音楽だけではなく、映像も同時に観たのであった。何かキモかった。どちらかと言うと嫌いなタイプだった。しかし嫌悪感と同時に訳分からず惹かれるところがあり、また観たいと思った。その時の曲は『1999』。今まで聴いたことのないオリジナリティ溢れる独特な音楽とパフォーマンス

パープル・レインやがて彼が人気沸騰していることを知り、既に主演映画も作られたことを知る。それが『パープルレイン』。このアルバムから最初にシングルカットされたのはWhen Doves Cry(『ビートに抱かれて』…当時の邦題なんてこんなもの)だった。これまた素晴らしく、もうここまでくれば全面的に凄さを認めていた。キモさを克服すると同時に、彼は「天才」なんだと思った。僕は滅多に「天才」なんて思わないのだが、

今の世の中に「天才」という人がが存在するとしたら、それはプリンスだ

と思った。彼の凄さは癖のある独特な音楽であったにも係わらず、決してマイナーにはならず、広くポピュラーとして成立させたことにあるように思う。また、伝わってくる彼の奇行にも、「やっぱり天才はこうじゃないと!」と嬉しく思った。どこか『アマデウス』のモーツァルトと重ね合わせていたように思える。

僕が彼のライブを初めて観たのがLOVESEXY '89 JAPAN TOUR、場所は東京ドーム。勿論充分に堪能したのだが、何とプリンスは(この日だけだったのかもしれないが)アンコールをせずに帰ってしまったのだ! 騒然とする場内。でも実は僕はかなり喜んでいた。

天才はこれくらいのことしないと!

アンコールすっぽかした日に観られてラッキーとさえ思った。まぁ、こんな事で喜んでいたのは僕だけだったのかもしれないが。

今回のスーパーボウルのハーフタイム・ショウ、いったいどんなパフォーマンスを見せてくれるのか? 試合は勿論だが、本当に今年は最初から最後まで目が離せない!!

 

   やっぱキモいよね。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

アートフル ドジャー

いいや~気が合いますね。僕もあの薄い髭はキモイですけど・・・。彼の才能は超1流ですよね。
by アートフル ドジャー (2007-02-04 16:40) 

丹下段平

アートさんのABCシリーズ、なかなかPまでいかないので先に僕が書いちゃいました。プリンスが読めない名前(元プリンスなんて言われ方したっけ)に改名するくらいまでは聴いてましたけど、最近はすっかりご無沙汰してます。スーパーボウルのショウでは昔の曲もやるのかな?
by 丹下段平 (2007-02-05 00:59) 

マーティ

数年前、『ミュージコロジー』ってアルバム買って、
去年『3121』も買ったのですが、プリンス、パワー
取り戻してる気がしますよ。
もし、『3121』聞いていなかったら、是非聞いてみ
てください。blacksweatなんて、シビレマス
by マーティ (2007-02-05 03:47) 

丹下段平

マーティさん、コメントありがとうございます。
『3121』早速聴いてみます。復活しているなら、それは楽しみ!
by 丹下段平 (2007-02-05 23:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。