So-net無料ブログ作成
検索選択

「ナイト ミュージアム」 [映画(2007)]

典型的なハリウッド製娯楽映画と言った感じのこの映画、観ている最中は結構楽しめるが、後には何も残らない。とは言ってもさすがに退屈するところは全く無く、ハラハラさせてくれるしホロリとさせてくれるところもある。

ニューヨークの自然史博物館の夜警の職を得たラリーは、前任の3人のベテラン夜警がクビになった後任として一人で見張りを任された。しかし、深夜になると展示物が一斉に動き始めた。骨だけのティラノザウルス、ネアンデルタール人、フン族、ライオン、マンモスに襲われ、ジオラマのローマ帝国やアメリカ西部開発のカウボーイにまで攻撃される有様。そんな中、ルーズベルト大統領まで現れ…、といったストーリー

人形が夜になると魂が宿って動き始めるといった物語は洋の東西、古くからあるパターン化した物語(おとぎ話)ではあるが、この映画は博物館で歴史上の人物から恐竜まで動き出すのがバラエティーに富んでいて面白かった。バラバラに自分勝手にしていたそれらが最後には力を合わせて…ってのも良かった。

それにしても出演者がマニアックな役者が出ていたのも見逃せない。脇役であるルーズベルト大統領にロビン・ウイリアムズやジオラマのちっちゃなカウボーイにオーウェン・ウィルソンってのは豪華キャスティング。それ以上に驚いたのは3人の前任の警備員で出ていたミッキー・ルーニー。正直「まだ生きてたの!?」ってくらいの人。子役としてエリザベス・テイラーのお相手を務め、その後MGMミュージカルのハイライトを集めた『ザッツ・エンタテインメント』に登場。その時でさえ結構老けていた印象だったが、まだこうして映画に出ていたとは知らなかった。そしてもう一人の前任の警備員がディック・ヴァン・ダイク。『メリーポピンズ』『チキ・チキ・バン・バン』等で活躍していた。しかもかなり元気そうでビックリ。このような博物館級の役者が出演しているのも嬉しい。

ひとつ間違えるとホラーになる素材。もしも東京タワーの蝋人形館の人形が動き始めたら阿鼻叫喚のスプラッターになること間違いなし。そっちの方がもっと面白くなったかな?(と書いてから調べてみたら、東京タワーの蝋人形館、随分まともなものになってしまった様子。昔のエロ・グロ・ナンセンスな展示物は無くなっちゃったのかな? (→HP


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(21) 

nice! 3

コメント 5

アートフル ドジャー

輸入盤で購入して未だ観てません。取り敢えず音か画かどちらかに見るべき・聴くべき所があれば良いかな~って感じです。
by アートフル ドジャー (2007-03-25 19:43) 

丹下段平

アートさん、いつも早いですね。際立ったものはありませんが、普通に楽しめる娯楽作品になっている作品かと思います。
by 丹下段平 (2007-03-25 22:08) 

丹下段平

愛輝さん、nice!ありがとうございました。
by 丹下段平 (2007-03-25 22:09) 

ジジョ

「チキ・チキ・バン・バン」の人だと気づくとはスゴイ☆
わたしは後で知って、興奮しました!
ほんと、この方の方が博物館級ですよね☆
by ジジョ (2007-04-03 11:10) 

丹下段平

僕も興奮しましたよ。特にミッキー・ルーニーなんですけどね。最後に記憶している作品は『ティファニーで朝食を』の変な日本人役(だったと思うのですが…なんせ遥か昔に一度観たっきりですので。間違ってたらゴメン)。『ザッツ・エンタ・テインメント』は演技はしていないので置いとくと、演技をしているのを観るのが、実にそれ以来ってことに。
相変わらず(?)変な役で笑いました。
by 丹下段平 (2007-04-03 23:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。