So-net無料ブログ作成
検索選択

「日本インディーズ候補列伝」 [Books]

それは2005年、当時の首相であった小泉純一郎が「郵政民営化の是非を問う選挙」とブチ上げて自民党が大勝した衆議院選挙投票日直前の某日のこと。僕が会社に着くなり、同僚のIが新聞の切れ端を僕に渡し、

こんなのがウチの選挙区から立候補してるんスよ。世も末っスね~。

と言いながらも嬉しそうに笑っていた。Iから渡された新聞には、気の弱そうな青年の写真と彼の政策が書かれていた。その青年の名前は山下万葉。そのあまりにも斬新な主張に驚嘆した。それが下の写真。まずはじっくりと読んでいただきたい。

この主張を読むにつけ、彼に比べたら自分がいかに平凡な人間で、発想力が貧困かということを思い知る。しかし当時ネットでも話題になったようだが、残念ながら山下万葉氏は2483票集めたが落選した。

そんな山下万葉氏も当然のように登場するのが、大川総裁こと大川豊著『日本インディーズ候補列伝』である。いわゆる泡沫候補と呼ばれる個性豊かな候補者たちが、いかに考え、いかに選挙に出馬し、いかに戦ったか…などを集めたノンフィクション。この本の中で取り上げられた人々の中にあっては、上の山下万葉氏はまだまだヒヨッコである。主張はユニークだが、生き様までは他の候補者達には適わない。それほど魅力溢れる人々が紹介されている。

24回出馬して落選し続けている山口節生氏、鎧兜姿と名前で出馬すれば注目を集める羽柴秀吉氏、私的な恨みを晴らすだけが目的の出馬から迷走を続けた三井理峯氏等など。そして少し前ならこんな日が来るとは想像さえできなかったそのまんま東氏、世界的な有名人ながら選挙では泡沫候補のドクター中松氏や黒川紀章氏もしっかり取材している。

もう、面白過ぎるのである。いや、面白いという言い方は失礼なのかもしれない。当の本人達は至って真剣で、世間的な評価に反して当選するつもりで選挙戦を戦っていたのだから。

こんな興味深い候補者を知ったら次の選挙が面白くなる。今まで選挙に興味なく、投票しなかった人も参加してみたくなること請け合いである。最初に書いた同僚のIは山下万葉氏の存在を知り、30歳を越えて初めて投票に行った。そして山下万葉氏以外の候補者に投票した。そんな裏切り行為(?)を働いたくせに、テレビの開票速報では山下氏ばかり気になっていたらしい。

選挙の投票率アップは泡沫候補にかかっているのだ!?

日本インディーズ候補列伝(DVD付)

日本インディーズ候補列伝(DVD付)

  • 作者: 大川 豊
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2007/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

ジジョ

山下万葉氏、、す、、すごい☆
この本、絶対読みます!!
by ジジョ (2007-08-29 03:57) 

丹下段平

ジジョさん、ありがとうございます。
他の候補者もかなり個性的ですので、ご期待ください。
それから記事には書きませんでしたが、ユニークな政見放送他が収録されたDVDも付録になっています。そちらもお楽しみに!
by 丹下段平 (2007-08-29 22:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。