So-net無料ブログ作成
検索選択

「デス・プルーフ in グラインドハウス」 [映画(2007)]

いっや~ヒドイ映画だね! (←褒め言葉)

この映画を楽しめるかどうか、は過去に観た映画の経験値がモノをいうかもしれない。60年代の終盤から70年代中頃までのアメリカン・ニューシネマと、そのブームに便乗して作られた低予算B級映画。そんな作品群を結構観ていれば懐かしく思え「あった、あった、こんなの」という気持ちにさせてくれる。この『デス・プルーフ』は2部構成で、前半があばずれ姉ちゃん危機一髪なB級サスペンス風、後半がカー・アクション満載のニュー・シネマ風なタッチになっている。まぁ、その二つの差なんてそんなにないから、急に映画が違ってしまう訳ではないのだが。劇中の会話にも出てくる『ダーティ・メリー クレイジー・ラリー』『バニシング・ポイント』辺りが好きな人なら、久々に蘇るアノ感覚を追体験できて楽しめるだろう。

僕の場合、『ダーティ・メリー クレイジー・ラリー』は中学生当時、ピーター・フォンダのファンだった同級生のKに付き合わされて観た。『バニシング・ポイント』は浪人生時分に名画座で観たのだが、その時の気分と映画の内容があまりにもマッチし過ぎて、ラストでは血が沸騰して湯気を上げた記憶がある。

元々その辺りの映画は、内容的にも興行的にも行き詰まっていたアメリカ映画界、ベトナム戦争下における社会の閉塞感、マリファナ等のヒッピー文化等が絡み合って生まれてきたものである。しかし、今はイラクの問題があるにせよ70年頃とは状況が違う。そんな中でタランティーノが創り出したこの作品は、時代が産み出したのではなく、彼個人の問題で全くムーブメントには繋がらない。

そう、これはタランティーノの大自主映画なのだ。よく他のブログで自主映画という言葉は否定的に使われているが、僕は全く逆に思っている。ハリウッド製の作品は会社側のプロデューサーの意向が強いため、結果は作り手の作家性を奪われ画一的な映画になっていく。だからルーカス、スピルバーグ、コッポラ等は自分の会社を立ち上げ、自分たちの思い通りの作品が作れるようになった。これって自主映画って事なのだと思う。タランティーノは以前から好き勝手やってきたイメージだが、さすがにこの作品は大手では作れなかった。だから自主映画。やりたいようにやってる。

僕が高校生だった頃の時代、学校の文化祭でクラスの出し物として多くの8ミリ映画が作られていた。そしてどの学校でも一本は必ずブルース・リーまがいのカンフー映画があったものだ。このタランティーノはまさにそんなノリで、

だって、こんなのやってみたかったも~ん

ってな感じで一本作っちまった。気持ちは日本中にいた偽ドラゴンたちと大して変わりがない。自分の好きなものを好きに作っただけ。

でもそれが徹底していれば芸になる。場末の名画座で掛かっている映画の感覚を再現するために、わざとフイルムに傷を入れたり、フイルムがとんだりさせている。そんな無駄とも思えるところに精力を注いでいるのが微笑ましい。

そして、特に感じたのは…

タランティーノ、やっぱりあんた同世代だよ!


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(13) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 8

coco030705

こんにちは。
この映画の事はわかりませんが、最後の絵が
クエンティン・タランティーノによく似てます。
でも、誰かにも似てるな~。う~ん、誰とは言えないが・・・。
(三船敏郎?)(^^)/
by coco030705 (2007-09-09 15:36) 

丹下段平

ココさん、ありがとうございます。
でも、最後の絵、タランティーノじゃあありません。全然ちがいますよタランティーノは。カーと・ラッセルのつもりで描いたのですが、正直似てません。すいませんでした。次回にご期待ください。
by 丹下段平 (2007-09-10 00:29) 

coco030705

あら~!失礼致しました。<m(_)m>
ごめんなさいね。カート・ラッセルですか!なるほど似てますね。
これからもイラスト楽しみにしています。
by coco030705 (2007-09-10 17:28) 

丹下段平

その内、三船敏郎にも挑戦してみます!
by 丹下段平 (2007-09-10 22:54) 

アートフル ドジャー

この作品観ようっか?止めようか?只今検討中です。
by アートフル ドジャー (2007-09-14 21:00) 

丹下段平

この映画、わざと超B級のように作っているので、それを踏まえて観れば面白いと思います。センス悪いように見せかけて、実はいいっていうへそ曲がりなところをどう感じるのか、ですかね。
by 丹下段平 (2007-09-15 03:57) 

ももも

こんにちは。TB失礼します。

いやー道徳心のカケラもない映画でしたね!(誉め言葉)
私は「バニシング・ポイント」は観てなかったので本作を通して観たいなーと思いました。

>これはタランティーノの大自主映画なのだ

その通りですね。どのシーンを見ていても後ろでタランティーノがニヤ気テル影が見え隠れしていた気がしましたもん。
カート・ラッセル、見直しました。(笑)
by ももも (2007-09-18 15:16) 

丹下段平

カート・ラッセル、80年代頃はカーペンターと組んでB級道をひた走っていましたけど、今回は久々にハジケてましたね。
今回のキャスティングは、当時の映画へのタランティーノなりのリスペクトがあったんじゃないかなと感じました。
by 丹下段平 (2007-09-18 23:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 13

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。