So-net無料ブログ作成
検索選択

「迷子の警察音楽隊」 [映画(2007)]

実は昨年中に観たのですが、記事を書くのが遅くなって越年してしまいました。


 

タイトルポスターからして、どんな内容なのか予想できない映画であった。しかもイスラエル映画(フランスとの合作ではあるが)ってのも初体験で未知の領域。その上、主人公の警察音楽隊員達はエジプト人。いったいど~なっちゃうのっ? って感じで全く予測不可能なのが魅力で、この映画を観ることにした。

イスラエルに新しく出来たアラブ文化センターの杮落としイベントに招かれた、エジプト警察所属のアレキサンドラ警察音楽隊。しかし、空港に降り立ったのだが出迎えが一向に来ない。痺れを切らせて自力で目的地に向かおうとするが、ナンパな若手団員カーレドがバスの案内所で聞いた行き先が大間違い。砂漠の真ん中にポツンと集合住宅があるような場所に降り立ってしまった。厳格な団長トゥフィークは近くにあった食堂で間違いを確認するも、目的地へ向かうバスはもう来ない。とりあえず女主人の好意で食事をさせてもらい、その上一晩泊めてあげようとの提案に甘えることに。女主人宅へは団長とカーレドが泊まることになり、他の団員は2人の従業員の家に分かれて泊めてもらうことになった。女主人は離婚しており独身。夜になり、堅物の団長を誘ってカフェへと向かった…というお話。

最初はどんな展開をするんだと先行きが読めなかったが、団員がそれぞれ食堂の女将と従業員の家に泊めてもらってからは人情モノになる。ちょっと寂しいエピソードやクスリと笑えるエピソードが夫々の身に起こる。そんな一晩の群像劇。これはこれで気に入ったのだが、予想不可能な展開をするような映画ではなく、多少肩すかし。

でも観たことなかった役者達が結構いい。団長役のサッソン・ガーベイ、若手団員カーレド役のサーレフ・バクリ、食堂の女将役のロニ・エルカベッツが好演しており、匿名性もあってか演技じゃないようなリアリティを感じた。

基本的に人情喜劇なので、「正月の寅さん映画」代わりには丁度良い作品であった。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(3) 

nice! 1

コメント 2

キキ

大阪ではこれから公開なので見たいリストに入れてました。
イスラエル(エジプト?)の寅さん映画なんですね?
by キキ (2008-01-10 20:54) 

丹下段平

イスラエル製のエジプト人が主役の映画です。
実は寅さんと書きましたが、今になってそんなに近くなかったかも、と反省しています。しかし山田洋次監督作品に通じるものはある映画です。
しみじみしてきてください。
by 丹下段平 (2008-01-10 23:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。