So-net無料ブログ作成
検索選択

「ラブファイト」 [映画(2008)]

ラブファイト_P.jpgボクシングが好きだということは以前寺山修司が監督した『ボクサー』の記事(→こちら)で書いたので割愛するが、いじめられっ子の主人公がボクシングを通じて成長していく話とあっては黙ってはおれない(って程ではないけど)。それに期待の若手女優の北乃きいも出演している。けど、公開されて結構経つのに評判も聞こえてこず、「多分それ程面白くはないんだろうな」とか予想しながらの鑑賞となった。

いじめられっ子の稔(林遣都)は小さい頃からいつも幼馴染の亜紀(北乃きい)に助けられてきた。高校に入学しても相変わらず不良に追いかけ回される毎日。その原因は可愛くなった亜紀のBFと勘違いされているからで、襲われる度にケンカの達人になった亜紀に救われている。ある日、不良に襲われているところを大木(大沢たかお)に救われる。心酔した稔が後を追ってみるとボクシングジムであった。入門を希望するも、ジムでたった一人のボクサーのタケ(波岡一喜)が病で引退するのを機にジムを畳むつもりであった。タケの説得に折れ、大木はジムを続けることにし、稔も練習生となった。亜紀に内緒で強くなりたいと練習に励む稔。そんな稔に憧れている恭子(藤村聖子)も加わり、練習性も増えていく。しかし平穏な日々は続かず、遂に亜紀にボクシングを習っていることがばれてしまい…というお話。

この冒頭だけ観ると稔と亜紀が中心の物語のようだが、次第に大木に比重が移り、彼の別れた彼女(桜井幸子)まで現れ、完全に主役が大沢たかおに取って代わられてしまう。観ている最中、この映画が大沢たかおのプロデュース作品であることを思い出した。つまり若い二人を表に出しつつ、自分の映画を創ってしまったのだ。したがって稔と亜紀に加えて恭子の微妙な関係を描く部分が減り、細やかな感情の変化がいささか大雑把になってしまったように思えた。

せっかくの面白い素材も古典的なラブストーリーがメインになってしまったかの印象。もっとも古典的なラブストーリーの方が物語的には安定感があるのだが、結局平均的な作品にしてしまった分、違うところでの可能性を削ってしまったのには残念に思えた。

ラブファイト.jpg


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。