So-net無料ブログ作成
検索選択

「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 [映画(2008)]

この映画について言えることは極めてシンプル。

ザ・ローリング・ストーンズに興味のない人は観る必要がない(記事もこの先を読む必要ない)し、好きな人なら必見!

それだけである。

ニューヨークの由緒ある劇場、ビーコン・シアターで行われたライブをストーンズの大ファンである巨匠マーティンスコセッシ監督がフィルムに収めた。ただこの作品はストーンズのライブを撮影したのではない。撮影するためにストーンズがライブを行ったのだ。したがってカメラは実に素晴らしいアングルでメンバーたちのパフォーマンスを捉えている。映画の観客はライブを最前席で、しかも好きな場所に移動しながら参加したかのような臨場感が体験できる。しかし撮影が優先されたコンサートはどうしても当日の観客にとっては邪魔なだけで、テンションが下がりそうなものだが、全く問題ないかのように熱を帯びた空間が生み出されている。これはスコセッシの配慮が上手かったのか、ストーンズの実力がカメラの存在を忘れさせたのか、それともその両方だったのかは分からないのだが、いつも通り(と言い切るほど何遍も体験してはいないのだが)の白熱のコンサートが繰り広げられる。

冒頭、撮影準備の様子が映し出される。何度も舞台のデザインに注文をつけるミック・ジャガーと振り回されている上、当日の曲構成のリストが届かず、演出プランを立てられずにイラつくマーティン・スコセッシ。何となく「いかにも」と思えるエピソードだが、これもスコセッシ流の演出にも思えたりする。そして演奏曲が分からぬまま撮影当日。ビルとヒラリーのクリントン夫妻も現れたりして混沌としたまま時間が過ぎていく。ちょっと映画の観客がダレかけたところで始まる『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』。一気に盛り上がるライブの客、と同時にこちらの気分も盛り上がっていく。

60歳を超えているとは信じられないほどの躍動感溢れるパフォーマンスを見せるミック・ジャガー。味のあるキース・リチャーズのギター。予想通りあまり写してもらえないチャーリー・ワッツとロニー・ウッド。ゲストのジャック・ホワイト、バディ・ガイ、クリスティーナ・アギレラもストーンズのメンバーに交じってノリノリ(特にバディ・ガイは凄い)。もうラスト・ナンバー『サティスファクション』まで観終わると「満腹感」で満たされる。振り返ればあの曲、この曲も演奏しなかったとも思えるのだが、これで充分堪能できた。ロックの真髄を見せつけられた。

何だか映画の感想には思えない記事になってしまったが、これでいい。実際に映画を鑑賞したなんて印象は微塵もなく、ストーンズのコンサートを観て来たような気分なのだから。

シャイン・ア・ライト.jpg


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 10

マヌカン☆

「ほとんど知らない」が実態ですが、興味はあるので拝見しました^^
この映画は見に行こうと思っていましたが、本当によさそうですね
イラスト拝見して、出勤中の道でえへら~っと私の顔が笑ってしまいました。少し手加減お願いします(笑)
by マヌカン☆ (2008-12-10 09:01) 

鯉三

はじめまして。ココさんのブログを通して時々記事を拝見しております。
わたしもストーンズ・ファンでなければ、ほとんどライブ映像の2時間はちょっときついかと思ったのですが、意外にストーンズ初心者にも好評のようです。もちろん退屈だという意見もありますが。
バディ・ガイはミックとの絡みに神経を集中させようとしていたのですが、キースがやたらと割り込んでましたね(笑)。キースの気持ちがよく伝わりました。

by 鯉三 (2008-12-10 13:02) 

nexus_6

ストーンズは She's a Rainbow (ニッキー・ホプキンスのピアノが good ! )が好きなんですが、今回のリストには無いですよね...

by nexus_6 (2008-12-10 20:47) 

丹下段平

マヌカン☆さん、喜んでいただけて(?)幸いです。
ストーンズをほとんど知らないようですが、どうでしょうかね。『サティスファクション』くらいは聴いたことがある状況でしょうか? チャレンジしていただければミック・ジャガーのイラストがさほど大袈裟ではないことが分かっていただけると思います。
by 丹下段平 (2008-12-11 07:42) 

丹下段平

鯉三さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
キース、いい味ですよね。メンバーの中で一番ステージを楽しんでるように見受けられます。僕は大好きですね。
by 丹下段平 (2008-12-11 07:47) 

丹下段平

nexus_6さん、コメントありがとうございます。
ストーンズみたいに長く続いているバンドは人気曲全部やるには時間が足りないのでしょうね。でも、堪能できました。
by 丹下段平 (2008-12-11 08:02) 

baldhatter

(ちょっと出遅れ ^^)
スコセッシの音楽ものといえば『ラストワルツ』。ザ・バンドを生で見ることはできませんでしたが、ストーンズは東京公演(1995年のとき)を堪能しました。

最近、映画を観にいくヒマがちっともありません ...
by baldhatter (2008-12-11 22:38) 

丹下段平

ザ・バンドの『ラストワルツ』! すっかりそんな映画の存在を忘れてました。確かにありましたね、解散コンサートのドキュメンタリー。映画の存在どころか、ザ・バンド自体も数十年ぶりに思い出しました。
ちなみにこの映画は観ていません。(ザ・バンドのファンではなかったので…)
by 丹下段平 (2008-12-12 00:32) 

ジジョ

こんにちは☆ 今年もよろしくお願いいたします♪

やっと観てきました!
よかった〜。ほんとうによかった〜。
絶対、いつか生で観よう!と心に誓いました☆

今回のイラストも冴えてますね☆
まったく同じ表情を映画でしていた気がしますw
by ジジョ (2009-01-13 02:42) 

丹下段平

ジジョさん、今年もよろしくお願いします。

ぜひ次回はライブに行ってください。でもまたやるのだろうか?
あれだけのことができる60代なんて凄いです。特にミックは年齢なんて感じさせない躍動感でしたね。口も相変わらず広がってます!
by 丹下段平 (2009-01-13 22:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。