So-net無料ブログ作成

「時計じかけのオレンジ」(今月のおススメ) [映画-今月のおススメ]

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]量販店で『時計じかけのオレンジ』のBlu-ray Diskを見つけ、早速購入し随分久しぶりに鑑賞した。さわりだけ観るつもりだったのだが、途中で止められず、結局最後まで観てしまった。1971年の作品なのに全く古びれることなく、今尚鮮烈な内容と映像に改めて唸った。 

スタンリー・キューブリック監督の作品を観る度に、強烈な皮肉に満ちた毒のある内容と、映像の素晴らしさ、音楽(選曲)のセンスに圧倒される。中でもこの『時計じかけのオレンジ』はそんな特徴が際立った、唯一無二の作品ではなかろうか。

基本的にキューブリック監督作品には「人間とは何でこんなに愚か者なのか」というテーマが根底にあるように思える。人間賛歌とは真逆の空虚な絶望感が全編に満ちている。他の監督はそんな中でも何とか光を見出そうとするものだが、キューブリック監督にはそれがない。徹底した性悪説。そこには人間の情など入る隙がない。

この『時計じかけのオレンジ』は、殺人、強盗、強姦を楽しむ冷血漢の主人公アレックス(マルコム・マクドウェル)の一人称という、悪魔の視点とも思える構成になっている。悪逆非道な行いを繰り返すアレックスが、少年院に入れられて、やがて政治の道具に使われるようになり、また…という内容には戦慄を覚える。映像表現は斬新な試みもされているが、そこだけ浮くようなことはなく、トータル的に良くまとまった印象になっているのは見事である。

初めてこの作品を劇場で観た時は、ラストのクレジットまで圧倒的なイメージで、しばらく椅子から立ち上がれないほどの衝撃を受けた。ぜひご覧になっていない方は、この凄い作品を体験してほしい。

でも、僕の大好きな『雨に唄えば』を嫌いにならないでね。

時計じかけのオレンジ.gif


nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 16

duke

見たのが随分と昔で。そして理解力がなかったので。すっかり忘れてしまいました・・・・。きれいなおうちに侵入して・・・うーーん。。。とてもシュールな気持ちになったのを覚えています。
トラウマで忘れてしまったのでしょうか。(そんなに繊細じゃありません!^^;)
機会があったら見なおしてみます。雨に唄えばとは、どのような関係がありましたでしょうか?
I’m si~ngin in the rain~ just si~ngin in the rain~♪じゃなくて?
by duke (2009-07-06 00:43) 

丹下段平

その『雨に唄えば』です。この映画に深く関係していますが、それ以上は伏せておきます。
機会がありましたら、もう一度ご覧ください。きっとイヤ~な気分にさせてくれると思います。
by 丹下段平 (2009-07-06 01:10) 

ばん

「雨に唄えば」は歌えませんが演奏は出来ます。
by ばん (2009-07-06 10:46) 

nexus_6

学生の頃、レンタルで観ました。数年前にDVDを買ったのですが、内容が内容だけに気軽に観られないので未だ未開封です。あと、音楽が「スイッチト・オン・バッハ」のワルター(ウェンディ)・カーロスでしたね。
by nexus_6 (2009-07-06 19:41) 

丹下段平

ばんさんの『雨に唄えば』聴いてみたいです!
by 丹下段平 (2009-07-07 01:14) 

丹下段平

nexus_6さん、こんにちは。
DVD眠っているのですか、勿体ない。
なんて書きましたが、僕も眠っているDVDは沢山あるので、他人のことは言えません。
by 丹下段平 (2009-07-07 01:16) 

U3

相当古い映画ですね。
たしか30年以上は経っているのでは?
by U3 (2009-07-07 07:21) 

薔薇少女

サントラ盤で話題に上っていたので、見知っていたのですが、内容は
全く知りませんでした。
>人間賛歌とは真逆の空虚な絶望感が全編に満ちている
テレビでやったら見て見たいですね。
「雨に唄えば」との関連性、興味有りますね・・・
あっちのブログ、行ってきました、時折覗きに行きますね!
by 薔薇少女 (2009-07-07 17:28) 

丹下段平

U3さん、こんにちは。
『時計じかけのオレンジ』は1971年の作品で、あともう少しで40年になります。時代はかなり経ちましたが、古くなっていない傑作です。
by 丹下段平 (2009-07-07 23:05) 

丹下段平

薔薇少女さん、あちらのブログにもご訪問いただき、ありがとうございました。
あちらはユル~くやってるので、たまに覗く程度でお願いいたします。
by 丹下段平 (2009-07-07 23:08) 

なぎ猫

はじめまして。映画が好きなのでこちらにお邪魔してみました。
時計じかけ・・・はなんとも恐ろしい映画なのですが、
同じキューブリックの2001年宇宙の旅を見るとどうしても
途中で寝てしまいます。
by なぎ猫 (2009-07-08 21:30) 

丹下段平

なぎ猫さん、はじめまして。コメント&nice!ありがとうございます。
実は僕も『2001年』で睡魔に襲われてしまいます。『美しき青きドナウ』をBGMに宇宙船が宇宙ステーションに入っていくところで必ず寝てしまいます。
by 丹下段平 (2009-07-08 22:43) 

coco030705

こんばんは。
スンタンリー・キューブリック、すばらしいです。全部の作品を観てはいないのですが、この映画は観ました。ずいぶん昔に観て、あまり覚えていませんが、
強烈なシーンがところどころ目に焼きついています。
「今見ても古びていない」といえば、「2001年宇宙の旅」もまったく古臭くならない。それは一体なぜなんでしょうか。
ちなみに、スピルバーグが監督した「A.I.」はキューブリックが長年温めていた企画だったそうですね。そのころはCG技術が進んでいなかったので、それを
待っていて間に合わなかったとTVで言っていたのを記憶しています。やはり、
キューブリックで観たかったと思います。
by coco030705 (2009-07-08 23:05) 

丹下段平

ココさん、こんばんは。
僕もキューブリックの『A.I.』を観てみたかったですね。キューブリックとスピルバーグって方向性がが全く逆の映画作家だと思うんですけど、その2人が同じ原作を取り上げようとしたところが面白いですね。多分、キューブリックなら全然印象の違う作品になったことでしょう。
by 丹下段平 (2009-07-09 00:56) 

DSilberling

傑作ですね。キューブリックが急死したときはとても驚きました。
by DSilberling (2009-07-12 17:06) 

丹下段平

僕もあの時は驚きました。確か『アイズ・ワイド・シャット』が公開されていたか直前だったような記憶があります。次回作の話も聞こえてきたところだったのでビックリでした。
by 丹下段平 (2009-07-13 22:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。