So-net無料ブログ作成
検索選択

「イングロリアス・バスターズ」 [映画(2009)]

基本的にクエンティン・タランティーノ監督の作品は「男の子映画」なんだと思う。もしも彼が漫画家だったら『少年ジャンプ』が似合いそうな作風ではなかろうか。したがって男子受けはするだろうけど、女子からは今ひとつ支持されない作家であるような気がする。もっとも女子でも少女漫画よりも少年漫画が好きだった人はいるだろうから、絶対ってことでもなかろうけど。

この『イングロリアス・バスターズ』はナチスに家族を皆殺しにされたユダヤ系フランス人のショシャナ(メラニー・ロラン)の復讐劇と、ナチスに占領されたフランスに乗り込んだアルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の秘密部隊〈イングロリアス・バスターズ〉が行うナチ狩り、これら二つのエピソードを並行して描き、最後の舞台になる映画館に集結していく構成になっている。

何かのインタビュー記事で読んだのだが、タランティーノ監督はこの映画を創った動機を「ナチスが嫌いだから」みたく語っていた。至って単純明快。ナチスのユダヤ人への虐待を背景にしているものの、そんな悲壮感はあまり感じられず、勧善懲悪の娯楽作品になっているのが監督の個性なのであろう。なので作品自体にそれ程の深みはないので、感想も

面白かった

の一言で済ませてしまおう。きっとタランティーノも「それでいい」と思ってくれることだろう。

それにしても悪役のナチス側の役者が良かった。知的で執念深く冷血漢な軍人たち。特に〈ユダヤハンター〉を演じたクリストフ・ヴァルツの厭らしさは特筆もの。他のみんなも感じ悪く好演しており物語を盛り上げてくれている。それに対するブラッド・ピットはアメリカ~ンな感じで対照的に描かれ、夫々の個性を際立たせている。こんな人物描写の巧みさと独特なセンスがタランティーノを単なるB級映画監督に思わせない秘訣であるようにも思えるのだが…。

イングロリアスバスターズ.gif


nice!(17)  コメント(15)  トラックバック(22) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 15

なぎ猫

私は女子ですが(女子って年でもないんですが(汗))タランティーノは好きなんですね、基本的に。おれはこういう映画撮りたいんだー、っていう情熱というか映画好きなんだなぁ、ってのが伝わってきて。今回のは娯楽に徹したところはさすがだと思うんですが(歴史無視でもね。)、見終わった後はあんまり・・・。前作のデス・プルーフは好きです。期待してなかったんだけど笑いました。
by なぎ猫 (2009-11-29 23:08) 

丹下段平

僕もタランティーノの映画は好きですね。相性が合うというのでしょうか、映画オタクだけどマイナーじゃないし、適度にマニアックなのがいいです。
デスプルーフはマニア度全開でしたね。
by 丹下段平 (2009-11-30 01:26) 

コッスン

えーーー
どこが面白かったのか詳しく教えてください。
面白いとこが分からなかったです。涙
by コッスン (2009-11-30 02:44) 

ジジョ

こんにちは☆
「ナチスが嫌いだから」ってw 単純でいいですね☆
ドイツ軍人の役はディカプリオがやりたがったらしいですけど、
クリストフにして正解!でしたよね〜♪イイキャラでした☆

by ジジョ (2009-11-30 04:40) 

丹下段平

コッスンさん、こんにちは。
映画はどんな名作でも、10人観て10人が「良かった」という作品は存在しません。ですので僕が面白がってコッスンさんが面白くなかったと意見が分かれることは何ら不思議ではありません。
この作品の場合、あくまで娯楽作品ですので、分かったから面白くなるものではないでしょう。むしろ感じるものだと思います。出てくるキャラクター達の末路に興味が持てなければ作品自体にも興味を持てないのではないでしょうか。
お答にはならないかもしれませんが、娯楽映画をクドクド書くのも野暮な気がしますので…
by 丹下段平 (2009-12-01 01:03) 

丹下段平

ジジョさん、こんにちは。
ドイツの軍人役にディカプリオですか。それも観たかった気もしますが、クリストフ・ヴァルツが良過ぎたので「やっぱりこのままでいい」って気がしますね。ディカプリオだとニュアンスが変わってきてしまいますし、知性溢れる冷血漢って感じにはならなかったのではと思いますし、ラストも情けをかけられて終わりみたいになってしまいそうです。
by 丹下段平 (2009-12-01 01:10) 

コッスン

>映画はどんな名作でも、10人観て10人が「良かった」という作品は存在しません。
よくわかります。
丹下段平さんが面白いと思ったとこが知りたかっただけです。
ありがとうございました。
by コッスン (2009-12-02 21:04) 

薔薇少女

タラおじさん(タランティーノ監督)、とうとうホワイト家族の親戚?に
なってしまいましたね。。。
by 薔薇少女 (2009-12-03 22:16) 

丹下段平

薔薇少女さん、ごめんなさい、意味がわかりません…
by 丹下段平 (2009-12-05 02:11) 

薔薇少女

ごめんなさい!いつも本文と関係無いコメントばかりで申し訳ないです。
最近ソフトバンクのCMにタランティーノ監督がタラおじさんという設定で
出演しているのです。
ワイドショーとかにも出演されてる様です。
この映画の宣伝なのでしょうが、面白いキャラの方ですね。
段平さんのイラストソックリでしたよ(笑)
by 薔薇少女 (2009-12-05 13:28) 

丹下段平

タランティーノがCMに出てるの知りませんでした。ソフトバンクならよく放送していることでしょうけど、これは観ていませんでした。
僕はホントにTV観ない人なんです。時代に取り残されていくんでしょうかね?
by 丹下段平 (2009-12-05 20:22) 

hash

「特攻大作戦」みたいな話だと思っていたので、良くも悪くも裏切られたという感じでした。^^
>クリストフ・ヴァルツ
全然知らない俳優ですが、彼なしでは、本作は成り立たないと言っていい位の好演でした。
by hash (2009-12-06 23:26) 

丹下段平

hashさん、こんにちは。
ホントに彼なしでは面白さも半減したかもしれませんね。
by 丹下段平 (2009-12-07 00:01) 

bamboosora

この映画、観に行きたいです!
彼の作品はほとんどストライクゾーンど真ん中です。
テネシー州と愛知県の違いはあるものの、
まったく同じ日に生まれたのが理由でしょうか。
by bamboosora (2009-12-12 13:12) 

丹下段平

まったく同じ日ですか、縁を感じますね~。
ちなみに僕は今井美樹、工藤静香、リッチー・ブラックモア、アビゲイル・ブレスリンと誕生日が同じです(年は違うけど)。
by 丹下段平 (2009-12-13 01:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 22

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。