So-net無料ブログ作成
検索選択

歳末一掃セール?(「母なる証明」ほか) [映画(2009)]

せっかく観たのにこのブログで記事にしなかった(できなかった)作品が残っている。それが

ボーダータウン 報道されない殺人者』

『THE CODE 暗号』

『天使の目、野獣の街』

『ボルト』

『3時10分、決断の時』

『母なる証明』

『銀色の雨』

『脳内ニューヨーク』

の8本。忙しくて記事を書く時間がなかった、文章が思い浮かばなかった、何となくほったらかしにした、など理由は夫々だが、2010年に持ち越すのもスッキリしないので、中でも印象に残った3本をピックアップして、簡単ながら記事として残しておきたい。

『天使の目、野獣の街』(ヤウ・ナイホイ監督)

香港サスペンス映画。シドニー・ルメットみたいな内容ながら、良くも悪くもキャラクターの軽さに香港っぽさが垣間見える。でもなかなか見応えがあった。

『3時10分、決断のとき』(ジェームズ・マンゴールド監督)

名作西部劇のリメイクなのだが、オリジナルの『決断の3時10分』は未見。リメイク版も傑作だったのだが記事を書きそびれてしまった。ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベール、ピーター・フォンダら役者の良さが光った。

『母なる証明(ポン・ジュノ監督)

この作品はちゃんと記事にしたかったのだが、「面白かった」「感動した」「凄かった」と、幾つかの言葉を並べてみたが、どれも今ひとつしっくりこない。適切な言葉を探せぬまま記事にしそびれてしまったのだが、自分のボキャブラリーの貧困さに失望した。キム・ヘジャ、ウォンビンら役者の好演が印象に残るポン・ジュノ監督の傑作韓国映画。

来年こそはこんな滑り込み記事を書かなくて済みますように…(自分次第なのですが)

母なる証明.gif


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 2

nexus_6

今年も沢山の記事、楽しく読ませて頂きました。
もっと映画を観なくてはと感じております。
来年もよろしくお願い申し上げます。
by nexus_6 (2009-12-30 08:30) 

丹下段平

nexus_6さん、お付き合いいただき、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
by 丹下段平 (2009-12-30 21:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。