So-net無料ブログ作成
検索選択

2009年の3本【日本映画編】 [映画-雑記]

大晦日はその年の邦画3本を決める作業に決めている。3本に絞ることは外国映画だと少ない気もするが、昨年は邦画も豊作だったので悩んだものの、たいがいの年は丁度いい本数に思える。

しかし、ハッキリ言って2009年は不作だったと思う。挙げたい作品が足りなくて悩んでしまった。いや、昨年が良過ぎてそう思えるのかもしれない。案外こんなものなのだろうか。

愛のむきだし [DVD] 『愛のむきだし』 (園子温監督)

この作品を語る上で必ずついて回るのが上映時間の長さ。4時間弱の長編ながら長いと感じさせなかった面白さ。この作品に『プライド』も含めて、女優満島ひかりが印象に残った一年だった。

ハルフウェイ [DVD] 『ハルフウェイ』 (北川悦吏子監督)

役者との距離感が近くに思える、臨場感溢れる小品。役者が素に近いように思え、ならば北乃きいはかなり気の強い女の子なのかなと思えた。北海道が舞台なので、より身近に感じられた作品。

いけちゃんとぼく [DVD] 『いけちゃんとぼく』 (大岡俊彦監督)

少年の成長物語が瑞々しく描かれていた。主役の男の子が好演。世間的にはあまり評価されなかった作品だが、ちょっと不当なんじゃないかと思えて、3本目に選んでみた。

上記3本の中で、積極的に入れたかったのは『愛のむきだし』だけ。『いけちゃん』の代わりに『色即ぜねれいしょん』『悪夢のエレベーター』も頭をよぎったが、そんなタイプの作品じゃないような気がしてやめた。2009年は全体的に停滞したが、2010年が豊になるため力を蓄えているのだと思いたい。何せ楽しみにしている作品があるからだ。

2006年のこの企画で挙げた『ストロベリーフィールズ』(名作)の太田隆文監督が遂に始動し、来年にはその作品が観られそうなのでとても楽しみにしている。実は前作の時、監督のブログに僕の書いた記事(→こちら)が転載されたことがあった。その時からネットを通じてお知り合いになり、太田監督もこのブログをたまに読んでいてくれている様子(稀にイチゴマークのnice!が入っている)。僕の記事が転載されたブログは閉められてしまったが、現在はso-netに移ってきて再連載中(→こちら)。そして次回作のブログも別に始まっている(→こちら)。浜松を舞台にした『書道[揺れるハート]ガールズ』という作品らしい。素人には書道って映画にしにくい題材に思えるのだが、これをどう料理してくれるのか。とっても期待しております!

2009年の3本邦画.gif 

それではみなさま、良い年をお迎えください。


nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 4

bamboosora

今年1年ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。
それでは、良いお年を。
by bamboosora (2009-12-31 22:36) 

丹下段平

bamboosoraさん、本年もよろしくお願い申し上げます(年越ししてしまったのです)。
by 丹下段平 (2010-01-01 00:44) 

babu

はじめまして
私は『サイドウェイズ』が割と良かったかと、
生瀬さんも小日向さんも好きなんですよ。
by babu (2010-01-07 23:53) 

丹下段平

babuさん、はじめまして。
『サイドウェイズ』は観ていないのでコメントできませんが、機会があったら観てみたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
by 丹下段平 (2010-01-08 07:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。