So-net無料ブログ作成
検索選択

「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」 [映画(2010)]

ジョン・レノンが亡くなった日のことは今でもはっきり覚えている。1980年12月8日。期末テストを間近に控えてはいたものの、高校生にとっては平凡な一日で終わるはずだった。

その日の放課後は教室の掃除当番で、モップを片手にクラスメイトと他愛のない話をしながらダラダラと過ごしていた。そんな時間には誰もほとんど観ないけど必ずテレビが点いていた。僕の担任が授業でビデオを使う教師だったので、教室には常にテレビが置かれていたのだ。その時は時代劇の再放送だったような気がするが、ふと観てみると画面の上部にニュース速報の文字。そして…

ビートルズのジョン・レノン、自宅マンション前で発砲され重体

わが目を疑った。青天の霹靂な事態に言葉を失った。『3時のあなた』にチャンネルを変えてみると、ジョンが撃たれたニュースをやっていた。しかし、あまり詳しい情報は入っていない様子であった。「大変なことになってしまった」と背筋が凍る思いをしながら掃除を放り投げ、「なんとか助かってほしい」と思いながら慌てて学校を後にした。家に帰り急いでテレビを点けると、帰宅する1時間弱の間に、ジョンの容体は重体から死亡に変わっていた。確か長い活動休止から復帰して、アルバム『ダブル・ファンタジー』をリリースした直後だったと記憶している。「これから」が期待できただけに、あまりにも残念でショックな出来事であった。

この『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』はジョン・レノンがまだ学生だった頃の実話を映画化した作品。生みの親ジュリア(アンヌ=マリー・ダフ)と育ての親で伯母のミミ(クリスティン・スコット・トーマス)との間で揺れ動くジョン(アーロン・ジョンソン)を描いた物語。

ジョンの魂この辺りのことは大宮にあったジョン・レノン・ミュージアムや彼の曲『マザー』を聴いて、だいたいは知っていたし、自分の中ではイメージが出来上がっていた。それからすると

ちょっと軽いかなぁ…

って印象だった。僕の頭の中にはもっともっともっと苦悩するジョンの姿が勝手に作り上げられていた。もちろん間違っているのは僕の方かもしれない。が、興味深くはあったが少し物足りない気持ちが残ってしまった。

映画では≪ザ・ビートルズ≫というグループ名は出てこない。ポール・マッカートニー(トーマス・ブローディ・サングスター)とジョージ・ハリスン(サム・ベル)は登場するがリンゴ・スターの姿はまだない。ジョンたちがこれから成し得ることの予兆すら見せないところにサム・テイラー=ウッド監督の拘りがあったのかもしれないし、映画のテーマを考えるとこれで正解なのだが、勢いがない分、物足りない気分に輪をかけてしまったのかもしれない。

それにしても、ジョンが撃たれた事件後の期末テストはボロボロだった。何で死んじゃったんだ、ジョン。おかげで勉強が手につかず赤点寸前だったんだぞ! (…と責任転嫁してみた)

ノーウェアボーイ.gif


nice!(21)  コメント(8)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 21

コメント 8

coco030705

こんばんは。
ジョン・レノンの衝撃的な死亡のニュースは、梅田(大阪の繁華街)を
歩いていたときに号外で知りました。心臓が飛び出しそうになりました。
それから数日間は悲しみでいっぱいでした。

「ダブル・ファンタジー」は大好きなアルバムです。久しぶりに聞いてみようかな
と思います。
by coco030705 (2010-11-15 22:49) 

丹下段平

cocoさん、こんにちは。
衝撃的過ぎる事件でしたね。『ダブル・ファンタジー』が良かっただけに本当に残念で…
その日から数日間は『スターティング・オーバー』ばかり聴いていたことを思い出しました。
by 丹下段平 (2010-11-17 00:06) 

薔薇少女

1980年と言えば子育て真っ最中!
ジョンのニュースは、驚いた物の『ふぅぅ~ん』ってな感じ・・・
子供を産んで5年間位は映画館へ行く事なんか殆ど無かった気がします!
段平さん、高校生だったって事は一回り以上
年下だったんですねε-(´・_・`)ハァ・・
>『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
久し振りに観に行きたいなぁ~
パルコにあるセンチュリーシネマは何の指定も無いのに
東宝シネマだけ、R15指定になってるのは何故なんだろう?
by 薔薇少女 (2010-11-19 07:29) 

なぎ猫

ポール役の男の子はやけにかわいかったですね。胸に花さしてたのは実話らしいですね。あ、テストのことは責任転嫁と思います。なんでつぶれちゃったのかなあ、ジョン・レノンミュージアム。映画の内容からそれますが、ジョン役の男の子(20くらい)と監督(40代)の間に子供が出来たそうで、映画と別のところでびっくらこきました。
by なぎ猫 (2010-11-19 21:32) 

丹下段平

薔薇少女さん、こんにちは。
その頃高校生でした。
洋楽を聴き始めた時には既にビートルズは解散していました。もっともずうとるびはリアルタイムで聴けましたが…ってど~でもいいことですね。
『ノーウェアボーイ』は年齢の規制する必要のない映画に思えましたが、何かの間違えじゃないでしょうか?
by 丹下段平 (2010-11-20 02:01) 

丹下段平

なぎ猫さん、こんにちは。
ポール役の男の子、ずいぶん幼く見えましたね。けど、成長してもポールには似ないでしょう。
テストは一夜漬け命だったので、それどころじゃなくなってしまったのです(って更に責任転嫁)。
ジョンと監督、凄い歳の差カップルですね。そんなに魅力的なのかな?(もちろん監督の方が)
by 丹下段平 (2010-11-20 02:07) 

duke

なにはともあれ、見なきゃぁ。。と思っています。
「軽い」の感想、見る前からわかる気がします^^;
by duke (2010-11-23 17:24) 

丹下段平

dukeさんこんにちは。
ジョンの歌が重いので、イメージ的にはもっと苦悩した姿を想像していたんですよね。
でも、決して悪い映画ではありません。
by 丹下段平 (2010-11-24 21:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。