So-net無料ブログ作成
検索選択

「キック・アス」 [映画(2010)]

平凡よりちょっと以下の冴えないコミック好きの高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)が、憧れのスーパーヒーロー〈キック・アス〉に恰好だけは大変身して悪に立ち向かう内に、大きな事件に巻き込まれ大ピンチ。そこに謎の親娘でこれまたスーパーヒーローの恰好をした〈ビッグ・ダディ〉(ニコラス・ケイジ)と〈ヒット・ガール〉(クロエ・グレース・モレッツ)が現れデイヴは救われる。敵のマフィアのボス(マーク・ストロング)は手下を大勢殺したのは〈キック・アス〉だと思い、彼の姿を追い始める。そしてボスの息子でデイヴの同級生のクリス(クリストファー・ミンツ=プラッセ)も〈キック・アス〉をおびき寄せるために〈レッド・ミスト〉に変身して…というお話。

この『キック・アス』が面白いのは何と言ってもキャラクター設定。主人公のデイヴは女の子には縁のない地味な存在で、〈キック・アス〉の衣装は通販で買ったものだし、変身(着替えるだけだけど)しても滅法弱かったり、巨乳の女教師で抜いてしまったり、憧れの彼女からはゲイだと勘違いされて安パイ扱いでお友達関係になってしまったりと、トホホな要素満載。そんな姿が〈みうらじゅん〉的で恰好は良くないけど親しみは沸いてくる。それから〈ヒット・ガール〉は幼女のちびすけなのに凄いソルジャーだったりする意外性も楽しませてくれる。

こんな作品なので笑って観られるのだが、それは前半まで。後半は結構マジな展開になっていく。マフィアとの戦いは死闘の様相で手に汗握る、本格的一歩手前のヒーロー物と言った感じ。大作に押されて地味に公開されてしまっているが、優れた娯楽作品になっているので、見逃すには惜しい映画だと思う。

キック・アス.gif


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 2

うたぞー

ようやくビデオで見ました。本当に面白かったです。
これは子供と一緒に見たかったのですが、R15ということで
見せませんでした。クロエちゃん、いいですね。
by うたぞー (2011-03-20 08:34) 

丹下段平

うたぞーさん、こんにちは。
もうソフトになったんですか。最近は早いですね。
クロエちゃんのためにあったような作品でしたね。
by 丹下段平 (2011-03-21 04:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。