So-net無料ブログ作成

斉藤由貴 25th Anniversary コンサート ~何もかも変わるとしても~ [音楽]

3連休を利用して札幌から春の気配を求め東京へ。ところが東京もこの冬はじめての雪。会う人会う人に「お前が雪を連れてきた」と言われ散々な目にあってしまった。

斉藤由貴チラシ.jpgそんな中、友人が行けなくなったチケットを譲り受け『斉藤由貴25th Anniversary コンサート ~何もかも変わるとしても~』を渋谷のパルコ劇場で観ることができた。

実は斉藤由貴のファンだった訳ではないのだが、彼女が出演した映画やテレビは結構観ているしCDだって(ベスト盤だけど)所有している。「憧れではないけど好感を持っている女の子のクラスメート」って感じだろうか(って、これで伝わるかな?)。斉藤由貴に久しぶりに会ってみたい。そんな感覚で雪降る中、渋谷に向かったのだった。

斉藤由貴って、ちょっと一言では言い表せないポジションだったような気がする。デビュー直後はアイドルっぽかったけど、次第に「可愛いけど個性派」みたいな雰囲気になっていった。あくまでも女優がメインで、コメディを演じたら同世代の女性タレントの中では一番であった。テレビなどで垣間見える彼女の素顔は“ちょっと変わり者”みたいな感じで、これも他のアイドルにはない飾らない魅力があり好感を持てた。

そんな斉藤由貴の歌なのだが、メガヒットはなかったと記憶しているが、なかなか素敵な曲が多い。大ヒットを目論んだあざといアレンジみたいなものとは無縁で、今の時代でも古さを感じさせないシンプルさが心地良い。そして今回は17年ぶりの新作アルバムがリリースされたこともあり実現したコンサート。やはりこちらのお目当ては懐かしの名曲を生で聴けることである。

…ってなカンジで淡々と書いてきたので、冷静に観ていたかのように思われるだろうけど、実は…

『MAY』が始まった途端、泣きそうになってしまった…

何だか言葉にならないような感情が沸きあがってきて困った。忘れていた気持ちとか情景が浮かんできてしまい、涙を堪えるのがやっと。でもチラリと横を見てみると涙を拭っている同世代のおっさんがいたので自分が特に涙もろいのではないことが分かり安心した。そんな感じで甘酸っぱく幸せな気持ちになれた2時間。今、この時代にこれを観られて本当に良かった。

斉藤由貴のポスターを阿佐ヶ谷にあったボロアパートの壁に貼っていたI君。すっかり疎遠になってしまったけど今はどうしているんだろう、なんてことも思い出した雪から小雨に変わった渋谷の夜…

何もかも変わるとしても

何もかも変わるとしても

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: femme fatale
  • 発売日: 2011/02/14
  • メディア: CD

タグ:斉藤由貴
nice!(17)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 17

コメント 8

薔薇少女

>泣きそうになってしまった
段平さんって、純なんですね、素敵です♥♥♥エアチチョコモラッテクダサイ(*´ェ`*)♥♥♥
その唄を聴くとその時代の事がフラッシュバックして思わず涙がこぼれる事
ありますよねウンウン(゚▽゚*(。_。*)
私の場合、岡林の山谷ブルースを聞くと
(この唄が流れる事は滅多に無いのですが)父の事を思って号涙しちゃうんです!
by 薔薇少女 (2011-02-14 09:00) 

ritton2

我輩もファンじゃないんですが、卒業の歌がすごく好きでした(^-^)b
by ritton2 (2011-02-14 13:16) 

なぎ猫

同時代のアイドルとは違った感じですね。斉藤由貴。色んなドラマに主演してたし、映画も出てましたね。映画は、こないだ知り合いに雪の断章を見せてもらいました。相米慎二?監督だったでしょうか?結構変わった映画で、斉藤由貴、買い物ブギをバックミュージックに、冷たい川を泳ぐシーンが印象的で。
MAY、私、小学生の頃で、好きでした。確か恋する女たちっていう映画の主題歌だったと思います。相楽晴子と高井麻己子が共演で。
by なぎ猫 (2011-02-14 20:56) 

クリス

小学生の頃、彼女のことが好きで「スケバン刑事」も観ていました。
「MAY」は、聴いたら泣いてしまうと思います。メロディのシンプルさも
さることながら、歌詞もいいんですよね。『恋する女たち』も、映画館で
観ましたもん。なつかしいなぁ…。次、カラオケいったら歌いたいです♪
by クリス (2011-02-14 23:44) 

丹下段平

薔薇少女さん、こんにちは。
ここ数年、急に涙もろくなってきました。【男の涙】も「ここぞ」って時にとっておきたいものです…?
by 丹下段平 (2011-02-17 00:12) 

丹下段平

ritton2さん、僕も「卒業」は好きです。確か松本隆が作詞でしたね。
by 丹下段平 (2011-02-17 00:14) 

丹下段平

なぎ猫さん、こんにちは。
『雪の断章』観てないんスよね。実は相米監督ってあんまり好きじゃないもので…。でもこの作品って札幌が舞台じゃなかったですか? それもあって観てみたい気もしております。
by 丹下段平 (2011-02-17 00:16) 

丹下段平

クリスさん、こんにちは。
「MAY」は谷山浩子の作でしたよね。淡々と歌ってるんですけど心に染みます。クリスさんの「MAY」も聴いてみたいものです。
by 丹下段平 (2011-02-17 00:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。