So-net無料ブログ作成

「冷たい熱帯魚」 [映画(2011)]

01金ヒ熊賞.gif園子温監督作品を全て観ている訳じゃないので断言できないのだが、何本か観た限りでは、この監督は自分以外の人間をあまり信用していないように思えてならない。作品で描かれる人間関係はとても希薄で結びつきも細くて脆い。それは肉親関係、恋人関係、友人関係の全てにおいて当てはまり、人と人との絆は無きに等しい。それでも前作の『ちゃんと伝える』では親子の絆を描かんとしたが、本当に描きたかったテーマとは思えず凡作に終わった。一転、今回の『冷たい熱帯魚』では本来の人間不信な姿勢が色濃く出て傑作、と言うか快作、いや怪作になっている。

冴えない熱帯魚店を営む社本(吹越満)。再婚した妻・妙子(神楽坂恵)と前妻との娘(梶原ひかり)の3人暮らしだが、家庭内はギクシャクしている。ある日、娘がスーパーで万引きし保護された。謝りに行った社本らに救いの手を差し伸べたのは大手熱帯魚チェーンの経営者・村田(でんでん)であった。村田は帰り道強引に社本らを自分の店へと招いた。そこには村田よりずっと若い妻・愛子(黒沢あすか)が出迎えた。村田は社本の娘に自分の店で働くよう提案し、娘も住み込みで働くことに合意した。後日、社本と妙子が村田の店に挨拶に行くと娘の生き生きと働く姿があった。村田は社本に仕事上のパートナーになることを提案。そして社本が帰る際、妙子に話があると呼びとめた。部屋に二人きりになった村田と妙子。今まで気さくで陽気な村田であったが、態度が一変し…というお話。

この後、村田のとんでもない犯罪行為に社本は巻き込まれ、どんどん深みにはまっていく展開となり、観ているこちらはとても

いや~な気持ち

にさせられるのだが、その一方で滑稽にも感じられるので、とっても

面白い

んである。この面白さはでんでんが演じる村田のキャラクターに負うところが大きい。調子のよい陽気な面と、残忍で他人を踏みつけにしても平気な非情な面。とにかくずる賢さに長けた二面性を持つ田舎のねちっこくて嫌らしいおっさん。そんなキャラクターにリアリティを感じさせたでんでんは見事だった。元はピンのコメディアンだった過去が村田という人物像にマッチしたのかもしれない。その妻役の黒沢あすかもしたたか過ぎる女を好演していた。

はっきり言って「エロ・グロ・ナンセンス」な要素満載なのだが、決して客寄せのための場当たり的なものではないので、作品としてしっかりしたものになっている。が、決して万人向けの映画ではないので、たまにしか映画を観ない人にはお薦めはしない。けど、マニアの域に片足突っ込んでるような方は楽しんで観られるような気が…するんだけどなぁ。

冷たい熱帯魚.gif


nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 10

薔薇少女

「冷たい熱帯魚」公式サイト見てきました!
幻の超過激予告編を見る事が出来るキーワードを
見つけた(NOSIPO)のですが組み合わせが解りません???
ぶしつけながら何とか教えて欲しいのですが・・・
by 薔薇少女 (2011-04-13 15:36) 

クリス

わたしは、気持ち悪さ全開のまま、終わってしまいました。。。
二度と観たくないです。
by クリス (2011-04-13 19:46) 

なぎ猫

私はちょっと疲れたです。エンターテイメントになってるとは思うけど、うーん、ちょっとやり過ぎかなあ。
監督は事件通り犬を使いたかったらしいけど、犬でなくてよかった。犬だとなんかスクリーンから臭ってきそう・・・。
by なぎ猫 (2011-04-15 18:13) 

丹下段平

薔薇少女さん、こんにちは。
組み合わせは(順番)
POISON
です。これで予告編が観られます。
by 丹下段平 (2011-04-18 02:05) 

丹下段平

クリスさん、こんにちは。
それが正しい反応なのかもしれません。
やっぱり万人向きじゃありませんね。
by 丹下段平 (2011-04-18 02:06) 

丹下段平

なぎ猫さん、こんにちは。
決して気分の良くなる映画ではありませんからね。
事件通り犬を使ったら、もっと過激な使われ方をしたような気がしますね。熱帯魚くらいで丁度良かったかも?
by 丹下段平 (2011-04-18 02:09) 

薔薇少女

『POISON』毒でしたか、有難うございます!
日本語だとばかり思って監督の名前、そのしおんジャナイシ?とか考えていました!
劇場では絶対見る自信は無いけど、レンタルが開始されたら
見るかも知れません。

by 薔薇少女 (2011-04-18 12:30) 

丹下段平

レンタルでいいかと思います。女性には受けが悪いようですから無理して劇場に行くのはやめた方がよさそうです。
by 丹下段平 (2011-04-19 02:49) 

もももんがが

>マニアの域に片足突っ込んでるような方は楽しんで観られるような気が…するんだけどなぁ。

これは私のことですか(笑)。
園子温の映画は「紀子の食卓」「自殺サークル」で後味の悪さは体感済みです。そのなかで「紀子の食卓」は女家族のドロドロ感が秀逸だったので、
こちらの映画も是非見てみたい~!

>自分以外の人間をあまり信用していないように思えてならない。


今のところ見てない映画で
「隣の家の少女」と本作は後味の悪いさに秀でている映画っぽいですね。
レンタル、早くでないかな~。
(レーシック手術したのでとうぶん映画館はNGなのです)
by もももんがが (2011-04-20 13:15) 

丹下段平

もももんががさんなら多分気に入りますよ。
しかも舞台が静岡県でしたので、尚更楽しめると思います。
by 丹下段平 (2011-04-24 11:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。