So-net無料ブログ作成
検索選択

「SUPER 8/スーパーエイト」 [映画(2011)]

01金ヒ熊賞.gifほとんど予備知識なく観た『SUPER 8/スーパーエイト』。予告編ではどうやらSFらしいこと、製作をスティーブン・スピルバーグがしていること。タイトルのスーパー8は8ミリフイルムのこと…くらい。「今時8ミリで映画を創っているなんて珍しいな」と思っていたが、ザ・ナックの『マイ・シャローナ』やブロンディの『ハート・オブ・グラス』が流れてきて、1980年前後(正確な設定は1979年なんだとか)であることが分かる。

なんだ、主人公が同世代の映画かよ…

と、嬉しくなる。アメリカの小さな町が舞台なのだが、丁度同じ時代に太平洋を隔てた日本の片隅で僕もこの映画の主人公同様、友人らと8ミリ映画を創っていた。劇中、男たちだけで映画を創っていたところに可愛い女の子が現れてテンション上がる、なんてこちらにもあった話。何せ女の子が8ミリ映画に参加してくれるなんて貴重だったのだ。だから女の子を(騙して)連れてきた男はそれだけでもヒーローだったんである。この『スーパーエイト』を観ながら頷くこと多数。もうこうなったら自分のドラマを観ているような感覚になってしまう。

物語は…母親を事故で失ったばかりの少年ジョー(ジョエル・コートニー)は喪失感を埋めるように近所の仲間たちと8ミリ映画を創ることに熱中していた。男ばかりのグループだが、物語上、女性の出演者が必要になっていた。そんな中、監督のチャールズが美人のアリス(エル・ファニング)を引っ張り込むことに成功。意気上がるみんなは早速夜の駅でロケを開始。そこに貨物列車が走って来た。列車を写し込もうとカメラを回し始めたところ、一台の乗用車が列車と衝突し大事故となった。ジョーの父で保安官補のジャック(カイル・チャンドラー)が事故を調べる内、列車は空軍のもので、何やら秘密のものを運んでいたらしいことが分かってきて…ってな感じ。

ぶっちゃけて言えばモンスター映画なんである。そこに製作者のスティーブン・スピルバーグ作品『未知との遭遇』的な要素も加わっているSFファンタジー作品。

でも監督のJ.J.エイブラムスが一番描きたかったのはそこじゃなかったはず。この作品は少年が困難を乗り越えて成長していく物語。母の死、父親との確執、仲間たちとのことは、すべてジョーの行く手を阻む壁であり、それを乗り越えていく様こそ、この作品の肝である。したがってモンスターもその壁のひとつであり、描き方もやや大雑把な印象で、そっちを期待して観ると期待外れの印象になってしまうかもしれない。J.J.監督は時代をすこし前に戻し、自身の体験に重ね合わせることで思い入れたっぷりの映画に仕上げた。そんな監督の愛着がスクリーンから伝わってきて、思わずホロリとさせられた。まぁ、こうなっては「好き」としか言いようがない。もう一度観たい作品である。

それにしてもジョーみたく出演した女の子といい仲になるなんてことは一度もなかったなぁ。そこがちょっと悔しい…

スーパーエイト.gif


nice!(20)  コメント(9)  トラックバック(13) 
共通テーマ:映画

nice! 20

コメント 9

なぎ猫

あ、金ヒ熊賞なんですね、これ。体調よくなったら見に行きたいです。
by なぎ猫 (2011-07-02 23:40) 

k_iga

ますます観たくなりました。
by k_iga (2011-07-03 14:34) 

薔薇少女

おぉ~っ、先週観て来ましたよ!
映画を観る時、いつも段平さんの事を思い出すんですが、
>自分のドラマを観ているような感覚になってしまう
やっぱり私も『確か段平さんも8ミリ映画を撮ってらしたっけ』とか
思って観てましたよ(o´・∀・`o)ニコッ♪
>ジョーみたく出演した女の子といい仲になるなんてことは一度もなかったなぁ
おデブな男の子(役名忘れた)が、『両思いってのが許せねぇ~』とかいう
台詞がニクかったですぅ゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!
アリス(エル・ファニング)は色っぽくて綺麗でしたねぇ~
何で外国の女の子はあんなに大人っぽいんだろう?!

生し返す様で申し訳有りませんが・・・
前々記事のイラスト、サム・ライリーとよく似ている日本人の俳優さんの
名前が思い出せなくて気になって仕方が有りません。
確か『相棒』に刑事役で出てた様な・・・ゥ──σ(・´ω・`;)──ン
by 薔薇少女 (2011-07-05 13:24) 

丹下段平

なぎ猫さん、K_igaさん、機会があったら暖かい目で観てやってください。
by 丹下段平 (2011-07-06 02:01) 

丹下段平

薔薇少女さん、こんにちは。素性も知らない(僕はしってるけど)私のような者を思い出していただき光栄です。8ミリ映画のことは何度か書いてましたね。
デブ監督の気持ち、分からんでもないです。彼にしてみたら、結構勇気を出して誘った女の子なのに、トンビに油揚げさらわれた気分だったことでしょう。
エル・ファニングはこのまま道を外さずに女優の道を歩んでほしいものです。

前々記事のイラストですが、誰なんでしょうね? 僕にも分かりません…
by 丹下段平 (2011-07-06 02:09) 

hash

>8ミリ映画
私は経験がないので、何か楽しそうだなぁと羨望の目で観ていました。^^
by hash (2011-07-24 23:57) 

もももんがが

おぉ~金ヒ熊賞でましたかっ。
これまだ見てないのでリストに入れておきます^^


by もももんがが (2011-07-28 16:26) 

丹下段平

hashさん、こんにちは。
そりゃぁ映画創りは楽しいですよ。仕事だったら大変でしょうけどね。
by 丹下段平 (2011-07-31 04:08) 

丹下段平

もももんががさん、こんにちは。
ちょっと甘かった気もしますが、良かったです。
但し金ヒ熊は個人的な趣味が色濃い賞なので、果たしてどうかなぁ…
by 丹下段平 (2011-07-31 04:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 13

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。