So-net無料ブログ作成
検索選択

「モテキ」 [映画(2011)]

『探偵はBARにいる』が混雑していたので急遽予定変更して観ることにした『モテキ』。いかにもくだらなそうなポスターが「気楽に観られるよ」と誘っていて、その時のこちらの気分に合致した。

この作品、予告編から想像するに、モテナイ男の主人公(森山未來)に「モテ期」がやってきて、4人の美女(長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子)に迫られた揚句に酷い目にあう話かと思っていたのだが、こんな内容は映画の冒頭に前段の話として語られている。

「ど~いうこと?」

と違和感を感じたのだが、後で調べてみたら、この映画『モテキ』はテレビドラマの続きであるらしい。テレビドラマの続編映画って、存在を疑問に思うのだが、テレビを観ていなくてもあまり苦にはならない作品であったので、その点だけは良かった。

モテキのお陰でボロボロに傷ついた藤本(森山)はインターネットサイトの会社に何とか就職するも、社長(リリー・フランキー)や同僚(真木)らにバカにされる日々。そんな中、ツイッターで知り合った人物と会うことになった。相手は男性と思っていた藤本であったが、現れたのは超カワイイ女の子・みゆき(長澤)。しかも、趣味がピッタンコに合うので会話も弾み、だんだんいいムードに。再び藤本にモテキが訪れたのか、そして藤本には勿体ない美女とヤルことができるのかっ…ってなお話。

ま、なんですな…他愛ないっすね、実に。モテない男が考えた願望・妄想…みたいな話で、当然男に都合よくできてる。主人公が酷い目に遭うのは作者の照れ隠しってカンジだろうか。羨ましくもくだらない物語なんだけど…これが結構面白かった。

面白かったのは「見せ方」。各シーンに大根仁監督の演出に工夫があり、ひとひねりふたひねりしてあるのが笑わせてくれる。尤もかなりの変化球なので、同じことは何度もできないような気もするが。それから印象的だったのは音楽の使い方。ひと昔流行ったサブカルチャー的な音楽からメジャーなアーチストだけど代表曲じゃないような曲が使われており、これも面白い(特に大江千里の『恰好悪いふられ方』は笑えた)。

創り手の映像センス、音楽センスが独特なので、肌に合うか合わないかで映画を楽しめるか否かが決まる作品かも知れない。僕は…ツボのちょっと横…かな?

モテキ.gif


nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 6

なぎ猫

探偵、、、は地元だから混んでるんでしょうか?
モテキは私は見てないんですが、友達も同じような感想を言っておりました。時間があったら見に行って来ます。
by なぎ猫 (2011-10-12 23:15) 

薔薇少女

>「モテキ」
テレビドラマ観てました!面白かったです、映画は観たいとは思いませんが・・・
満島ひかりのいつかちゃんに共鳴しちゃった♪(*ノдノ)
by 薔薇少女 (2011-10-13 12:56) 

丹下段平

なぎ猫さん、こんにちは。探偵…はおっしゃる通り、多分地元だから混んでるんでしょう。ポスターも街のいたるところに貼ってありますし。
モテキは、時間があったらでオッケーです。
by 丹下段平 (2011-10-14 01:46) 

丹下段平

薔薇少女さん、こんにちは。
テレビドラマ観てましたか。映画はその後日談なので、楽しめると思いますよ。
エンドクレジットに満島ひかりの名前があったので「どこに出てた?」と首をひねったのですが、冒頭のこれまでのいきさつをサラッとふれるところにドラマの映像が使われていたようです。
by 丹下段平 (2011-10-14 01:50) 

水樹

丹下段平さん、こんにちは。

『探偵・・』が混んでいて流れでご覧になったのですね。
私は『セカンド・・』の後味悪さを払拭するべく、
その日2本目の鑑賞でした。
つまり、丹下段平さんと同じで、予定外です。

だから良かったのか、気持ちよく帰宅できました。
うまい作り方だと思ったし、
音楽の合わせ方に唸りました。
by 水樹 (2011-10-25 16:41) 

丹下段平

水樹さん、こんにちは。
おっしゃる通り、音楽の使い方にセンスを感じられる作品でした。

『セカンド…』観なくてよかった…
by 丹下段平 (2011-10-29 15:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。