So-net無料ブログ作成

「恋の罪」 [映画(2011)]

多作な園子温監督、今年2本目の公開作『恋の罪』は渋谷円山町のラブホテル街で起きた東電OL殺人事件を元にしたフィクション。前作『冷たい熱帯魚』に続いてスキャンダラスな事件を独自の視点と想像力で描いた作品。

ベストセラー作家・菊池(津田寛治)の妻・いずみ(神楽坂恵)は夫に従順な専業主婦で、静かで平穏な日々を過ごしていた。しかし、心の片隅に空虚な気持を抱えていた。夫の許しを得てスーパーでパートの仕事を始めるが、なかなかうまくいかない。そんなある日、モデルにならないかとスカウトされ、スタジオに行ってみるとアダルトビデオの撮影であった…というお話なのだが、やがて出会う夜は売春婦で昼は大学で教鞭をとる尾沢美津子(冨樫真)、猟奇的な事件を追う女性刑事(水野美紀)の女性3人の愛欲の物語という構成になっている。

元の事件が逮捕された容疑者はいるものの冤罪の可能性もあり、まだ解決に至らず真相も明らかになっていない。園監督は事件の謎を追うのではなく、社会的地位の高い女性が渋谷で男を漁る様子のみをアイディアとして取り入れて映画にした。内容的にあまり深みはないし、被害者に対する同情的なものも皆無なので賛否はあると思うが…

単純に面白かった。

人間の愚かさや弱さ。そんなものを過剰で刺激的で下品に描いた、いつもながらの意地の悪い視点が際立つ。常に描きたいものを作品にしてきているなら、作家としての興味は人間の「負」の部分に引きつけられているのだろう。こんなひねくれた作家性はスタンリー・キューブリックに通じるのかもしれない。

それにしても、園監督の次回作『ヒミズ』の予告編、もうやってるね。どんなハイペースで映画創ってるんだ…

恋の罪.gif


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 6

なぎ猫

前作の冷たい熱帯魚でお疲れ気味なので、こちらはちょっとためらっております。園監督、ここ最近多作ですね。
by なぎ猫 (2011-11-25 12:33) 

丹下段平

なぎ猫さん、こんにちは。
冷たい熱帯魚と同じ路線のように思えるので、前作が気に入らなければパスするのが賢明かもしれません。
by 丹下段平 (2011-11-28 02:02) 

もももんがが

げっ。

「ヒミズ」の監督、園子温なんですか!!!
(あ、「げっ」とか言っちゃったけどイヤじゃないんですよ)

原作マンガ読んでた者としては・・・見てはいけない心の闇のマンガだったから・・・。こ、こえー、です・・・。

「恋の罪」エログロエログロエログロばっかでした?
気になるなー。
by もももんがが (2011-11-30 16:44) 

薔薇少女

今朝主人が『 水野美紀』の映画、観に行きたいと言っておりましたが
「恋の罪」だったんだぁ~
観たい気もするけど、今の私ではエネルギー不足で無理だろうなぁ~
何れにせよ主人と一緒には絶対観たくないですね。
by 薔薇少女 (2011-12-02 15:32) 

丹下段平

もももんががさん、こんにちは。
「ヒミズ」の原作を読んでましたか。そんな心の闇の作品なんだ…
ってことは園監督にピッタリでは?
by 丹下段平 (2011-12-04 20:27) 

丹下段平

薔薇少女さん、こんにちは。
これ…夫婦揃って観る映画としては相応しくないと思いますよ。
ひとりで密かにご覧ください(ご主人さんも同様)。
by 丹下段平 (2011-12-04 20:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。