So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年の3本【外国映画編】 [映画-雑記]

2011年は不作だったので、この企画ヤメ!

…ってのも何だから頑張って(?)選んでみよう。2006年にこのブログを立ち上げてから毎年3本に絞って選んできたので、2011年も3本。3本に絞り込んだことを後悔した年もあったものの、2010年に続いて選ぶのが難しかった。いや、2010年なんて2011年に比べたらずっとマシだった気がする。とにかく2011年は10本じゃなくて3本で良かった。

『孫文の義士団』(テディ・チャン監督)

実はこの作品は記事を書いていない。僕が観た時はほとんどの地域で上映が終了していたので、書こうにもテンションが上がらなかったんである。あらすじは、20世紀初頭の香港に、当時の腐敗した朝廷を倒そうと革命を起こす会議を行うため、日本から孫文がやって来ることになった。孫文が来る情報を得た朝廷は暗殺団を香港に送った。一方革命の志士達は命懸けで孫文を守ろうと義士団を結成した…って物語。これがまさに死闘。激しいアクションに手に汗握りっぱなしのクライマックス。ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビンら役者も豪華で、文句無しに面白かった。

『英国王のスピーチ』(トム・フーパー監督)

構成のしっかりした安定感のある万人受けする作品。アカデミー賞のコリン・ファースはもちろん、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターら役者が見事だった。

『スーパーエイト』(J.J.エイブラムス監督)

この作品をボロクソに言う人がいるけど、好きなんだからしょうがない。確かに荒い箇所は多分にあるように思えるのだが、それでも好きなんである。好きに理屈なんてないのだ。

…とまぁ、「例年なら3本には入らないんじゃないの」って作品のオンパレード。それが2011年、って年だった。くどいようだけど10本じゃなくて良かった。2012年は10本にしなかったことを悔やむような年になってもらいたいのだが…

2011年の3本洋画.gif


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 2

なぎ猫

わたしも、今年のベストどうすりゃいいの?と悩んでいたのに、いざ書き出してみたら、結構好きな映画はいっぱいありました。でも全体に印象は薄いです。。
孫文の義士団って、結構なスター出演映画だったんですね。
by なぎ猫 (2012-01-15 10:05) 

丹下段平

なぎ猫さん、こんにちは。
仰る通り印象の薄い作品が多かったですね。邦画も含めてなんですけど、思い入れも薄い作品が並んでしまいました。
by 丹下段平 (2012-01-22 14:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。