So-net無料ブログ作成
検索選択

「桐島、部活やめるってよ」 [映画(2012)]

01金ヒ熊賞.gif『桐島、部活やめるってよ』って、らしからぬタイトルが面白そうでこの映画を観てみたのだが、これが予想を上回る面白さで、高校生の学園生活のひとコマがリアルに描かれた傑作だった。…なんて、現代の高校生の学園生活を知っている訳ではなく書いてしまったけど、この世代が抱える焦燥感のような感情が生々しく、密かに彼らの中に潜り込んで間近で目撃しているかのような臨場感に思わず引き込まれてしまった。

物語はスポーツ万能で人気者の桐島が、突然所属しているバレーボール部を辞めたことによって周囲に引き起こる波紋を描いた群像劇。桐島の彼女(山本美月)とその仲の良いクラスメイト(橋本愛ほか)、桐島の親友・菊池(東出昌大)と帰宅部の仲間(浅香航大、落合モトキ)、桐島とは付き合いのない映画部の部長(神木隆之介)と部員たち、菊池に想いを寄せる吹奏楽部の部長(大後寿々花)が桐島の件をきっかけに微妙に各々の関係が変化していく。お話としてはそんなもんなのだが、吉田大八監督による丹念で繊細な描写によってスクリーンに釘付けとなってしまった。

この『桐島、部活やめるってよ』を観ながら、以前観た『明日、君がいない』というオーストラリアの学園生活を描いた作品のことを思い出していた。こちらも高校生をリアルに描いた群像劇で、吉田監督は真似た訳ではないと思うが、コンセプトはかなり近いように思われた。『桐島』を良かったと思われた方は機会があったら『明日』も観てみてほしい。


実は僕も高校生の時に映画部に所属していた。正確に言うと映画部は存在しなかったのだが、映画好きの仲間(男4名)と文芸部の顧問に戯曲を書くことを条件に入部させてもらい、本来の活動は無視して好き勝手に8ミリ映画を撮っていたんである。そんな経験があるので神木隆之介らが演じた映画部の様子や会話が一層リアルなものに映った。「第三者的な視点で見たらこんなか~。これじゃあ女の子にモテるはずがないよね~」ということも分かり胸が痛くなってしまった。もし高校生活をもう一度やり直せるなら今度はモテグループのように…いや、今度も映画部なんだよね、きっと…

桐島、部活やめるってよ.gif


nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(9) 

nice! 17

コメント 6

k_iga

原作とはラストを変えたそうですね。
以前、大型書店で作者サイン入り本があって購入しようとしたのですが
別の本にしてしまって・・・。
(私の趣味は好きな作家のサイン入り本収集です)。
by k_iga (2012-08-19 23:30) 

丹下段平

K_igaさん、こんにちは。
原作を読んでいないので比較はできないのですが、原作のファンが怒るような改編ではなかったように思えます。

サイン本の収集ですか。東京だったら神保町の三省堂とかでよくやってますよね。僕だったら…水木しげるとかが欲しいかなぁ(←漫画家だろ)
by 丹下段平 (2012-08-20 02:12) 

なぎ猫

グループの棲み分け(?)みたいなのがリアルでしたね。桐島の不在によって少しずつきしんでいく様と、最後の大団円、面白く見ました。
by なぎ猫 (2012-08-20 18:27) 

丹下段平

なぎ猫さん、こんにちは。
棲み分け、できちゃうんですよね。やはり自分と価値観の近い同士で固まっていくものなんでしょうか。そのようなことを描いた所に嘘っぽくないリアルさがあったんでしょうね。
by 丹下段平 (2012-08-21 01:53) 

k_iga

「明日、君がいない」は衝撃作でしたね。
また、同時刻のシーンを別の人物の視点から観ると全く異なるという・・・。

神保町も探していた絶版小説が高価であきらめたら、2軒先の店の
100円コーナーにあったりとか面白いのですがこの暑さでご無沙汰です。

マンガのサイン本では横浜で開催されたフェアで、「ゴルゴ13」と
「あしたのジョー」の文庫サイズにサインしてもらいましたっけ(笑)
by k_iga (2012-08-25 15:49) 

丹下段平

「あしたのジョー」のサイン本…すごく欲しい…
by 丹下段平 (2012-08-28 01:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。