So-net無料ブログ作成
検索選択

ウミウシ 不思議ないきもの [Books]

ウミウシ―不思議ないきものウミウシという生き物は何となく知っていた。しかし、その「何となく」がいかにいい加減だったかを思い知らされたのがこの写真集。たまたま本屋で平積みになっていたこの本の表紙の写真に目が留まり、手にとってパラパラと頁を捲ってみるとビックリ。

信じられないくらいの美しさ!

どんな芸術家でも敵わないほどの色合いとデザイン。いったいどんな理由でこんな姿に進化していったのか。そしてその種類の多さにも驚かされる。各々が全く異なる姿をしており、どれも見事な個性を兼ね備えている。「海の宝石」と呼ばれているのには納得。これでも紹介されているのはごく一部らしい。著者によるとウミウシは殻を持たない巻貝の一種で、世界に約2000種、日本には約1200種がいるらしい。しかも今でも新種が発見され続けている様子。

この写真集のカメラマン(文も)はウミウシに魅せられ、神奈川県から奄美大島に移住し、仕事の傍ら美しい海に潜ってウミウシの写真を撮り続けているのだとか。「そんな人生もありだよな」と思うが、自分にはとても真似できない。そもそも僕はアウトドア派ではなく、ダイビングも未経験。幼い頃に見たウルトラマンの『海底科学基地』の回で、海底で酸素が無くなっていく恐怖を味わってから海に潜りたい気持ち以上に怖さが先に立ってしまう。まぁ、それは言い訳で、単に不精なだけなのだが。

だからこの本のような人がいてくれるのは有りがたい。自然の神秘を家で寝転がりながら体験できる。おそらくこの先潜ることのない海の世界だが、奄美の美しい海の写真集を見ていると、一生に一度くらいならいいかな、と思えてくる。

シライトウミウシ.JPG


タグ:ウミウシ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「日本インディーズ候補列伝」 [Books]

それは2005年、当時の首相であった小泉純一郎が「郵政民営化の是非を問う選挙」とブチ上げて自民党が大勝した衆議院選挙投票日直前の某日のこと。僕が会社に着くなり、同僚のIが新聞の切れ端を僕に渡し、

こんなのがウチの選挙区から立候補してるんスよ。世も末っスね~。

と言いながらも嬉しそうに笑っていた。Iから渡された新聞には、気の弱そうな青年の写真と彼の政策が書かれていた。その青年の名前は山下万葉。そのあまりにも斬新な主張に驚嘆した。それが下の写真。まずはじっくりと読んでいただきたい。

この主張を読むにつけ、彼に比べたら自分がいかに平凡な人間で、発想力が貧困かということを思い知る。しかし当時ネットでも話題になったようだが、残念ながら山下万葉氏は2483票集めたが落選した。

そんな山下万葉氏も当然のように登場するのが、大川総裁こと大川豊著『日本インディーズ候補列伝』である。いわゆる泡沫候補と呼ばれる個性豊かな候補者たちが、いかに考え、いかに選挙に出馬し、いかに戦ったか…などを集めたノンフィクション。この本の中で取り上げられた人々の中にあっては、上の山下万葉氏はまだまだヒヨッコである。主張はユニークだが、生き様までは他の候補者達には適わない。それほど魅力溢れる人々が紹介されている。

24回出馬して落選し続けている山口節生氏、鎧兜姿と名前で出馬すれば注目を集める羽柴秀吉氏、私的な恨みを晴らすだけが目的の出馬から迷走を続けた三井理峯氏等など。そして少し前ならこんな日が来るとは想像さえできなかったそのまんま東氏、世界的な有名人ながら選挙では泡沫候補のドクター中松氏や黒川紀章氏もしっかり取材している。

もう、面白過ぎるのである。いや、面白いという言い方は失礼なのかもしれない。当の本人達は至って真剣で、世間的な評価に反して当選するつもりで選挙戦を戦っていたのだから。

こんな興味深い候補者を知ったら次の選挙が面白くなる。今まで選挙に興味なく、投票しなかった人も参加してみたくなること請け合いである。最初に書いた同僚のIは山下万葉氏の存在を知り、30歳を越えて初めて投票に行った。そして山下万葉氏以外の候補者に投票した。そんな裏切り行為(?)を働いたくせに、テレビの開票速報では山下氏ばかり気になっていたらしい。

選挙の投票率アップは泡沫候補にかかっているのだ!?

日本インディーズ候補列伝(DVD付)

日本インディーズ候補列伝(DVD付)

  • 作者: 大川 豊
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2007/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

クィーン・オブ・ジャパニーズ・ムーヴィー [Books]

 

 

ここ一ヶ月で『野良猫ロック』シリーズを立て続けに3本観た。勢いでタランティーノの『キル・ビル Vol.1』まで観てしまい、頭の中は東西のあばずれ姉ちゃんで一杯である。

そんな中、本屋で見つけたのがこれ。日本のスケバン映画が満載(と言うか、それだけ)の一冊。野良猫ロック コンプリートDVD-BOX 日活の『女番長・野良猫ロック』に始まり、やがてこのジャンルは東映へ。こう並ぶと日活は多少エッチな所もあるが、東映になると完全にエロである。会社のカラーであろうが、三角マークは「品」というもののカケラも感じられないのが笑える。まぁ、あばずれムービーなのだから「品」を求めるほうが間違っているのかもしれない。

4月6日にはこの本にも掲載されている夏純子主演の『不良少女 魔子』もDVDになるらしい。

僕? もちろん買いますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

図説 小松崎茂ワールド [Books]

前の記事『海底軍艦』の轟天号をデザインした小松崎茂氏の本を本屋で見つけたので購入した。

小松崎氏の作品は小さい時からかなり見ていたものの、作者を意識していなかったので、あれもこれも彼の描いた絵であることを知ったのは、随分後になってからである。

僕の小さい頃の漫画雑誌には漫画の他に読み物ページがあって、例えば『21世紀の世界はこうなる』といった感じの記事があり、子供心に未来への関心を喚起させられたものである。また、戦艦やサンダーバードのプラモデルの箱のイラストは迫力満点で、その絵によって購入意識が高まった記憶がある。そしてそれらの多くは小松崎氏の作品であったのだ。

それにしても小松崎氏はいったいどの位の作品を世に送り出したのだろうか。この本以外の彼の特集本を見ると、この本と違う作品が多く紹介されている。驚異的なペースで仕事をこなしていたとしか思えない。従ってこの本は彼の膨大な作品の一端しか紹介されていない事になる。ぜひ小松崎茂氏の決定版の本を作ってもらいたいものだ。

図説 小松崎茂ワールド

図説 小松崎茂ワールド


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

あわてて買った [Books]

このブログ、いい加減に始めてしまったので、どうしていいものかわからん!

ってことで、あわててブログのノウハウ本を探しに書店へ行ってみた。

何冊か見つかった内から一番ベタな「できる100ワザブログ」を購入。

できる 100ワザ ブログ アフィリエイトも楽しめるアクセスアップの実践テクニック

できる 100ワザ ブログ アフィリエイトも楽しめるアクセスアップの実践テクニック

  • 作者: 田口 和裕, 松永 英明, できるシリーズ編集部
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2005/12/02
  • メディア: 大型本

何せ、トラックバックもどうしたものやらって感じなので、やっぱりベタな本が必要でしょう!

しかし! 帯の“収入アップ”って文字に引かれ、まずはアフェリエイトから勉強。トラックバックはまだできません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。