So-net無料ブログ作成

「カーズ」 [映画(2006)]

ディズニー・ピクサー カーズ オリジナル・サウンドトラック この夏一番の期待作(?)『カーズ』を観た。予告編等である程度の予測はついていたが、内容的に想像通りであり、好きなタイプの映画だった。

新人(人じゃなく車なんだけど)ながらレースで今シーズンの優勝争いをしているライトニング・マックィーンは天才にありがちなわがままで自分勝手なため周りの人(だから人じゃなくて車なんだって!)から全く信頼がない。尤も彼も他の誰も信用しておらず、名声は自分だけで成し得たと思っている。

そんなマックィーンは決勝戦の地である西海岸に向けてトレーラーに乗っている内に、ひょんな事から逸れてしまい、しかもパトカーに追われてさびれた小さな町、ラジエータースプリングスを破壊しながら暴走し、最後は捕まってしまう。直ぐに裁判にかけられ、下った刑は道路の補修をすること。早く決戦の地に向かいたいマックィーンは隙をみて逃げ出そうとするが、ことごとく失敗。挙句の果ては、この町の名士であるドック・ハドソンとレースをして勝ったら釈放してもらえる事になったにもかかわらず、砂地のカーブを曲がりきれずリタイヤ。

観念して道路の補修をしている内に、レッカー車のメーターと仲良くなり、ポルシェのサリーというGFができたりと、次第にこの町に馴染んでいく。そんな中、ドック・ハドソンの過去を知ることになり…。

とまぁ、こんな感じでストーリーは進んでいくのだが、この映画を観ながら、過去に観た幾つかの作品を思い出した。

ラジエーター・スプリングスの町のさびれた感じは、ピーター・ボグダノビッチ監督作品『ラスト・ショー』のテキサス州の小さな町みたいで、ドック・ハドソンはこの映画のベン・ジョンソンを思い出させる。

自分を見失った都会の人間が田舎町に来て、人との交流をするうちに本来の自分を取り戻すという構図は、昨年観た『エリザベスタウン』に似ているし、他にも『さよならゲーム』『刑事ジョン・ブック 目撃者』的なものも感じられた。

そしてこれらの映画に共通する「なんでこんないい女が、こんな寂れた町にいるの」という黄金パターンはこの映画にも引き継がれており、ここではポルシェのサリーがその役割を担っている。なんと、美しい景色の前を走る彼女のスローモーションまで用意されており、マックィーンならずともうっとりだ(って車相手にかよ?)。

はっきり言って、この映画は子供向けとは思えない。事実劇場に来ていた幼稚園くらいの子は退屈していた。もっとも吹き替えを見せればいいのに、ご丁寧に字幕版を見せた親に問題があるのだが、内容自体が大人向けと思える。

楽しめてホロリとさせるところもあり、やはりこの夏一番のお薦め!(尤もこの夏の映画は他にまだ観てませんが…)


タグ:ピクサー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。