So-net無料ブログ作成

「さくらん」 [映画(2007)]

さくらん ~花魁音楽画巻~予告編を観て駄作か傑作か両極端で、恐らく9:1でつまらないんだろうなと予測していたが、僅かな(?)可能性に賭けて観ることにした。

やはりそう簡単に万馬券が獲れないように、この映画も予想通りの出来で、全く盛り上がることもなく、お嬢さんたちの映画ごっこを見せられた感覚である。

赤を基調とした極彩色で彩られたこの映画、監督の本業がカメラマンのせいか、確かに綺麗な色が出ているかもしれない。しかし綺麗なんて思う時間なんて僅かなもので、目に慣れてくると綺麗という感覚は無くなる。そうなると、後は映画そのものだけが残るのだが、これが…

下品なだけ!

土屋アンナ本人の資質が大きいのかもしれないが、駆け出しから花魁にランクアップしても、ただの柄の悪い凶暴な女郎であることに変わりない。まるで新小岩のぼったくりバーのホステスと変わりない花魁なのである(いや、実際に行ったことありませんが、あくまでもイメージでありんす)。今から思えば『下妻物語』の土屋アンナはまさに適役であっただけで、今回のような役はハナっから無理があったのだろう。品の無さが堂に入り過ぎている。

それでもこのお下品パワーを上手く活かせば、世間から「快作」なんて称号を頂戴する可能性もあったのだが、いかんせん女性監督ということが邪魔をする。なんか色っぽくないのだ。これが男性監督であれば、自分の内なるエロパワーを映画に込めることができ、スケベっぽいシーンが生まれるものだが、女性がメガホンを握ると際どいシーンも日常的な風景になりがちで色っぽさが無くなる。

さらにこの映画の蜷川実花はこれが初監督。ストーリーが一向に盛り上がらず、平坦で薄っぺらな物語にしかなっていない。基本的に僕は初監督作品は好きになることが多い。それは監督の映画に対する想い、憧れというようなものが画面から伝わってくるような気がして、それだけでも感動的に思えてしまうからだ。しかし、この映画からはそういうものがあまり伝わってこない。蜷川監督の興味は映画と言うよりは映像にあったのだと思う。そうなると、ストーリーをどう盛り上げたい、どう感動させたいということがお座なりになってしまった印象。

いったいこの映画に幾らの制作費が注ぎ込まれたのか。よくこんな映画を撮らせたものだと製作会社の勇気に驚いてしまう。

現時点で今年度観た映画の中で最低作!


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(12) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 10

ちゅう

私は女なのですが・・・。
やはり段平さんに同感です。女性監督、スポンサーや音楽。
監督としてはそのあと出す写真集などのためだけ。そのわりに、
パンフの写真のキメの悪さったら。
それに花魁モノは主人公が脱いでなんぼ。きよ葉、アンナともに
鼻っ柱が強いっていうのが売りなら、脱ぎっぷりもね。脇の菅野さんや
木村さんのほうが、っぽくて違和感なかったです。主役のアンナの作品に
対する中途半端さがまんま出てました。湯屋で乳を連続出されても稚拙な手法としか見えない。
吉原炎上が今はとても見たいです。
by ちゅう (2007-03-22 17:25) 

丹下段平

ちゅうさん、コメントありがとうございました。
蜷川監督にとって、この映画自体単なる映像表現の素材でしかなく、江戸時代の吉原というものには、さほど興味が無かったように思えます。しかも表面的なものにだけ興味を示し、そこで起こったであろう物語に思いを馳せることはあまりせず創ってしまった印象です。
江戸の外れにあった吉原まで、男をわざわざ通って来させるくらいの器量が土屋アンナからは感じられませんでした。
by 丹下段平 (2007-03-22 23:56) 

ねね

上と全く同感です。下品な、不快極まりない映画でした。土屋アンナはヤンキーにしか見えませんでしたね。製作側は、女の子視点から吉原を描いた云々、言ってますが、女性側から描くと、あんなくだらんものに成り下がるかと、同性ながら愕然としております。ただ、私としては映像のみは良いと思いましたが、それ以外良いところのない映画でした。女子高ノリの、アマゾネス映画でした。
by ねね (2007-03-23 15:52) 

丹下段平

根本的に原作の漫画にも問題があったのかもと思えます。読んでいないので何とも言えないのですが、どれだけ吉原について調べたのか疑問です。映画も感覚的だけで創ってしまったと感じます。ちゃんと時代考証して忠実に創れ、とは言いませんが、せめて僅かなリアリティくらいはほしかったですね。
by 丹下段平 (2007-03-24 00:56) 

ちゅう

ねねさん、同意です。
「かっこいい女達」っていうのが、はたしてそうかぁ?と同じ女として
気はずかしくなりますよね。
そして段平さん、
私は原作も読みました。
イマドキ作家が時代物に挑戦してる、モヨコファンなら必読の女視点の花魁入門編ってとこでしょうか。しかしまだ、映画よりは着物や廓など、登場人物はキャラ立ってます。映画は「花魁」じゃなくも「借金まみれのソープ嬢」でも
なんでもよかったんじゃないかと
オムニバス形式ですが、「百人遊女」っていうリイド社から出ている漫画はいいですよ。
by ちゅう (2007-03-26 13:39) 

丹下段平

機会があったら原作者の作品も読んでみます。
本文にて土屋アンナについてあれこれ書きましたが、やはり責任の大半は監督です。演技指導ができないところに経験不足の役者を主役にしたのが間違いで、これが菅野美穂が主役であれば、彼女の実力で監督の力の無さを多少なりともカバーできたのかなとも思えます。
作り手の女性たちはあの時代にあって自立した(?)生き方の主人公に自分を重ね合わせたのかもしれませんが、下世話な言い方をすれば男に買われてナンボの職業なので、その部分を理解せずに創ってしまったために、粗野な女郎の話になってしまったような気がします。男からの視点があればもう少し魅力的な女性像になったと思えます。
by 丹下段平 (2007-03-27 02:46) 

愛ルケに続き、こちらも観に行くのはやめてDVDレンタルを待とうと思います。
土屋アンナ・・・どうみてもあの顔立ちは日本人って顔ではないし、女性の私からみても男性ウケしない顔なのはわかります。
ちゅうさんのコメントで、大体のストーリーはわかりました。
女性向け、しかもギャル向けということなのかな。
by (2007-03-27 15:41) 

丹下段平

なんか、映画興行の邪魔をしているような気がしてきました。いや、良い映画も沢山ありますので、是非そちらをご覧ください。
この映画、「女性でしかもギャル向き」と言いますか、その層しか楽しめない映画な気がします。遊郭を舞台にした時代劇を初めて観る人なら「こんなもんなのかな」と思うでしょう。後はストーリーは兎も角、衣装は綺麗ですから。あとはおっぱいポロリも…あ、これは若い男向けのシーンですね。
by 丹下段平 (2007-03-27 18:11) 

ジジョ

そう!この映画、なんか品がないんです、、
>新小岩のぼったくりバーのホステス
これ、イイ例えだと思います☆
by ジジョ (2007-04-04 01:33) 

丹下段平

例えば『タクシードライバー』のように演出プラン、演技プランとして意識した下品さなら納得なのですが、この映画はそんなことを意図的にやっているとは思えず、ナチュラルな品のなさが出てしまっているのが不愉快なんですよね。
by 丹下段平 (2007-04-04 02:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。