So-net無料ブログ作成

「ラブソングができるまで」 [映画(2007)]

ヤバイ。かなりヤバイほど、この映画は僕の

ストライクゾーンど真ん中!

もうこうなると作品の出来とか、そんなものは問題にならない。

「好き!!」

それだけ。

主人公のアレックス(ヒュー・グラント)は、80年代に一世を風靡したアイドルグループ『PoP!』のツインボーカルの片割れ。しかし解散後はかなり落ち目になっており、過去のヒット曲にすがってドサ回りなどして生計を立てている。そんな中、今を時めくエロカワ系人気歌手コーラ(ヘイリー・ベネット)から曲の依頼が舞い込んだ。しかし他のライターにも曲の依頼しており、出来た中から一番気に入った作品のみ採用するという厳しい条件。

早速自宅で曲作りを始めるアレックスだが、呼んで来た作詞家と折り合わず難航する。そこにたまたま植木の世話をするアルバイトで来ていたソフィー(ドリュー・バリモア)が何気なく口ずさんだフレーズに閃きを感じ、雇った作詞家と決裂し、ソフィーが作詞でアレックスが作曲の復活を賭けた共同作業が始まった。そして…というお話。

のっけからPoP!のヒット曲のプロモーションビデオがオープニングなのだが、これがダサく創ってあり、いかにも80年代前半のアイドルグループっぽい感じでイタイのが可笑しい。もうこの段階で映画の世界観にどっぷり浸かってしまった。そしてそれが終わるとテレビ局の会議室で80年代を懐かしむ番組の打ち合わせシーン。呼ばれて来ていたアレックスの他にREOスピードワゴンフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドデビー・ギブソンティファニーなどの名前が挙がるのだが、忘れかけていた名前が続々出てくるのが嬉しかったりする。

しかし、その番組は出場者にボクシングで対決させ、勝った方だけが歌を唄えるという酷い扱い。これは日本のテレビでもありそうな企画であり、「どこの国でも元スターはこんな扱いなんだよなぁ」とリアリティを持たせてくれる。また、アレックスに曲を依頼するコーラも、いかにも絶頂期のブリトニー・スピアーズ風で、実在していそうな雰囲気がイイ。

パンフによるとアレックス役はワムデュラン・デュランあたりを意識しているらしい。確かにアレックスが余興で呼ばれた1987年卒業生の同窓会のシーンで、当時の女の子(今は…)がキャーキャー騒いでいる横で男たちがドン引きしている姿が笑えると同時に、PoP!というグループのフアン層とポジションが分かるようになっている。

そんな舞台設定であれば、後は何やってもオッケー。曲が作られていく過程を「採用されるといいな」なんて応援しながら観てしまう。もう、どっぷり嵌った1時間44分。とにかく80年代に洋楽を聴いていた人なら、間違いなく楽しめる映画に仕上がっている。そうじゃない人も…そこそこ楽しめるとは思う。

それにしても、デビー・ギブソン対ティファニーの対決の行方はどうだったんだろうか。気になる…

 


 

ザ・エイティーズおそらくこのコンピCDのヒットが引き金になって、この映画が企画されたのではないだろうか。曲の選び方はかなり的確だと思う。今も活躍しているマドンナ、プリンスから、今はどうしているのか分からない一発屋まで、浅く広くチョイスされている。


 

Make It Bigアレックスのモデルになったワム!もシーズンになれば必ず聴こえてくる『ラスト・クリスマス』のグループって感じになってしまった。当時のPVでは大概美人の姉ちゃんとジョージ・マイケルのラブストーリーみたくなっていて、美男・美女の組み合わせが腹立たしかった(?)ものだが、今となってみれば、彼は当時不本意ながら演じてたのかと思うと複雑な心境になってしまう。


 

Rio正直、デュラン・デュランには全く思い入れがない。PVがやたら凝っていて凄かった記憶くらいしかない。PVあってのグループだった。元祖ビジュアル系。


 

カモン・アイリーン上の記事でフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドって書いたけど、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズだったかもしれない。よくごっちゃになるんだよね、お互い長い名前だから(それだけなんだけどね)。もし間違えてたらゴメン、ってことでお詫びに(?)一応紹介だけしとく。『カモン・アイリーン』だけ有名な典型的な一発屋。


nice!(5)  コメント(13)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 13

coco030705

こんちはー。
ヒュー・グラントが結構好きなので、見に行こうかどうしようか
迷ってましたが、この記事を読んで「行こう!」と思いました。
いつ行けるかはわかりませんが、またレビューを書きます。
by coco030705 (2007-04-24 12:03) 

アートフル ドジャー

ヒュー・グラントがまた、落ちぶれた80’sのPOPスターって感じが、よくでてます。
by アートフル ドジャー (2007-04-24 16:52) 

江戸うっどスキー

こんばんは。
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドで合ってますよ♪
実は彼らのCD持ってますので^^;
冒頭から笑いっぱなしでした。
by 江戸うっどスキー (2007-04-24 22:02) 

丹下段平

ココさん、ヒュー・グラントが結構好きとのことですが、この映画では歌と踊りを披露していますので必見でしょう。こんなことは最初で最後かもしれませんよ。
by 丹下段平 (2007-04-25 02:18) 

丹下段平

アートさん、既にご覧になったのでしょうか。80’sって感じでしたよね。その時代のずれが面白かった!
by 丹下段平 (2007-04-25 02:20) 

丹下段平

江戸うっどスキーさん、はじめまして。コメント&niceありがとうございました。
合ってましたか、よかったよかった。それにしてもフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのCDを持っているなんて貴重な存在な気が…。『リラックス』が入っていないものなら尚更貴重です。
本当にあの頃の洋楽を知っていると笑える映画でしたよね。
by 丹下段平 (2007-04-25 02:25) 

naonao

やあー、80年代のポップスターの名前聞くだけで充分楽しめそうですね。REOスピードワゴン、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド、デビー・ギブソン、ティファニー、ワム!、デュラン・デュラン・・・懐かしすぎです。ヒューグラントのラブコメも好きだし、これは行ってみようかな。
by naonao (2007-04-25 16:55) 

丹下段平

naonaoさん、コメントありがとうございます。
実はもっといろんな名前を言ってたのですが、ちょっと忘れてしまったので端折ってます。
単なるラブコメではなく、いろんな面で楽しめる映画ですよ!
by 丹下段平 (2007-04-25 23:50) 

こんんちは。80's音楽で育った私も完全にストライクゾーンの映画でした!多分ワムを意識しているんでしょうね、片方がスーパースター、片方がどっかに行ってしまったように。そのワムも再結成するみたいですし。
by (2007-04-27 08:46) 

丹下段平

katoyasuさん、コメントありがとうございます。
ワム!再結成ですか、何を今さらって気もしますが、チョット観てみたい気もしますね。まぁ、コンサートの会場は映画の中で行われていた同窓会の余興と全く同じ状況になることでしょう。そういえばそのシーンで会場のBGMが『ネバーエンディング・ストーリー』だったのも、思わずニヤリとさせられました。
by 丹下段平 (2007-04-27 23:19) 

カオリ

こんにちは。遅ればせながら観て来たのですが、最初のPVからやられました。私も、好きです。
コーラも、ブリトニーより凄そうですよね。
by カオリ (2007-06-24 16:03) 

丹下段平

カオリさん、こんにちは。
コーラってゆうこりんもびっくりの(?)不思議ちゃんでしたね。まぁ、ブリトニーも相当滅茶苦茶な人生歩んでますけど…。
by 丹下段平 (2007-06-25 01:20) 

丹下段平

カオリさんに追伸。
カオリさんのブログにコメント残そうと思ったのですが、どういう訳かはねられてしまいました。う~ん、なんでかなぁ?
by 丹下段平 (2007-06-25 01:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。