So-net無料ブログ作成

「ワイルドエンジェル」 [映画-DVD]

先日『団塊ボーイズ』を観ていたら、急にこの作品を観てみたくなった。B級映画の帝王、ロジャー・コーマンが製作だけではなく監督も務めた1966年の作品。主演したピーター・フォンダが、この直後に『イージーライダー』を創ったことから、『ワイルドエンジェル』の影響を受けていたことは明らかで、その意味ではアメリカンニューシネマの先駆けとなった作品であると言えるのではないだろうか。

この映画はその当時、アメリカ国内でならず者集団と鼻つまみになっていた「ヘルズ・エンジェルズ」の実態を彼らの側から描いた作品で、そのエンジェルズ達も出演していたりと話題性豊富で大ヒットを収めたようだ。そんな現在進行形のアウトローを描くなんて作品はなかなか類を見なかったのか、激しい議論を呼んだらしいが、今の視点で観れば「そんなこともあったんだ~」って感じだろうか。それほどストーリー的な展開がないので、面白いという内容ではなかった。

ロジャーコーマンの本.jpg実はこの映画の存在は、ロジャー・コーマンの自伝『私はいかにハリウッドで100本の映画をつくり、しかも10セントも損をしなかったか―ロジャー・コーマン自伝』という本を読んで知っていた。彼の映画以上に面白いくらいの本なのだが、10年以上前に出版されたため、もう大きな書店でも置いていないかもしれない。この本を読めばロジャー・コーマンの作品を観てみたくなるはず。作品もさることながら、低予算で映画を創っていたため、ギャラの安い若手に仕事を与えていたのだが、その中にコッポラ、ルーカス、スコセッシやボグダノヴィッチ…その他書ききれないほどの監督を排出し、ジャック・ニコルソン、ピーター・フォンダ、ロバート・デ・ニーロ、シルベスタ・スタローンら、若手俳優を多く登用している。はっきり言えば、作品よりもその偉業の方が評価できるのではなかろうか。

まぁ、機会があったら観てほしい。それよりも機会があったら自伝を読んでほしい。低予算映画を魅力的にする秘訣が書かれている本であると思う。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

アートフル ドジャー

R・コーマン・・・B旧映画の巨匠?ですね。名・迷作多数な所が・・・。
by アートフル ドジャー (2008-03-18 15:52) 

丹下段平

名作よりも迷作の方が多いかも? でもいろんな意味で貴重な作品は多かったと思います。
by 丹下段平 (2008-03-19 07:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。