So-net無料ブログ作成

「少年メリケンサック」 [映画(2009)]

パンクロック全盛の頃、僕は人生で一番音楽を聴く年代だった。タイミング的にはパンクのレコードを買ったり(まだCDはなかった)、コンサートに行ったりしていても何ら不思議ではないのだが、ハッキリ言って「嫌い」だったので、ほとんどその洗礼は受けていない。「ステージから豚の臓物をばらまいた」とか「汚物をぶちまけた」とか、いろいろな噂を耳にする度、パンクとの溝はさらに広がっていった。そんな僕の唯一とも言えるパンク体験は映画『爆裂都市』を観たことくらいである。余談ではあるが『爆裂都市』の主役は、当時ザ・ロッカーズに所属していた陣内孝則で、わずか数年後にはパンクとは程遠いキャラになってしまったのだが、映画自体はその時代のパンク・シーンを象徴するような作品になっており、好きじゃなかった。

この『少年メリケンサック』はパンク全盛時に活躍していたバンドの今をめぐる話。自らの脚本で監督もした宮藤官九郎の趣味の世界を楽しむ作品。あの時代の空気を覚えていれば尚更楽しめる映画になっている。

栗田かんな(宮﨑あおい)はメイプルレコードの契約社員。新人の発掘を担当しているものの、大した成果も上げられず明日には会社を去らなくてはいけない境遇。そんな中、インターネットで見つけたパンクバンド〈少年メリケンサック〉のライブ映像。社長(ユースケ・サンタマリア)に見せたところすっかり気に入り、すぐに契約するよう命令され、同時にかんなの契約も延長になった。都内某所にメンバーのひとり、ベースのアキオ(佐藤智仁)を訪ねたかんなの目の前に現れたのは、泥酔した50代のアキオ(佐藤浩市)であった。あの〈少年メリケンサック〉の映像は25年前の解散コンサートのものであったのだ。一方、大乗り気の社長は先走って〈少年メリケンサック〉のプロモーション準備を始めている。今更真相を伝えられないかんなは、アキオの弟でギターのハルオ(昔:浪岡一喜、今:木村祐一)に会いに田舎町に出掛けたところ、実はこの兄弟はとても仲が悪く、現在は絶縁状態で、アキオの名前を聞いたハルオは急に態度が変わり…というお話

この作品はパンクロック好きの宮藤官九郎が自分の好きな世界を描いているので、そこそこマニアックな楽しい作品に仕上がっている。佐藤浩市のメチャメチャ振りも、本当のパンクロッカーはもっと酷いような気はするものの、適度な酷さで笑って済まされる人物になっている。しかしパンクをこれだけ笑いの対象にできてしまう宮藤官九郎は、彼自身がバンドをやっていても真のパンクじゃないことのあらわれなのだろう。どこかシニカルな視点が見受けられる。もしも心から好きならば『爆裂都市』もたいな映画になるのだろうけど、『少年メリケンサック』はかけ離れた世界観であった。

まぁ、それだから良かったんだけどね。何せ僕はパンクロック嫌いなもので。

少年メリケンサックB.gif


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(7) 

nice! 4

コメント 6

nexus_6

『爆裂都市』は映画としての評判が悪かったので未だに観ていませんが、『狂い咲きサンダーロード』は大好きです。
by nexus_6 (2009-02-19 23:06) 

アンソン

『サンダーロード』も『爆裂都市」も見ています。『爆裂』は好きではありませんが、

 『サンダーロード』大好きです。ホントです。


(静岡の東宝シネマズ用の劇場スポットがあって。これをやってました。宮崎あおいが「東宝シネマズ大好きです。
ホントです」って・・。最初、何のことか?と思ったけど、劇場前で分かりました。この元ネタ分かりますよね?丹下さん)


by アンソン (2009-02-19 23:42) 

薔薇少女

宮藤官九郎さんの世界観が良くわかりません?
若者には絶大な人気が有る様なのですが・・・
何だったか忘れたけれど、テレビドラマで
ア~又『クドカン』かぁ~と、思って流して観ていたけど
結構引き込まれてしまったドラマもありました。
チョット見直しちゃいましたぁ~!?
この「少年メリケンサック」は、自分の世代に近いという事も
あり、チョット見て見たいなぁ~と、思います。
(20代の頃、レコード関係の仕事をしていたから・・・?!)
はっぴーえんど、高田渡、中山ラビ、なんかが大好きでした!
丹下さんはどんな曲を聞いていらしたんでしょう???
by 薔薇少女 (2009-02-20 11:43) 

丹下段平

nexu_6さん、こんばんは。
『爆裂都市』は映画そのものがパンクのような雰囲気だったので、それが好きでないとダメでしょうね。予告編がカッコ良かったので期待しましたが、全編それを見せられると辛いものがありました。
by 丹下段平 (2009-02-20 23:58) 

丹下段平

アンソンさん、お久しぶりです。
『少年メリケンサック』のコピーが
〈好きです!パンク! 嘘です!〉
なので、そのパロディなんでしょうか?
それともさらに元ネタがあるのでしょうか?
by 丹下段平 (2009-02-21 00:02) 

丹下段平

薔薇少女さん、ありがとうございます。
〈はっぴーえんど〉とかちょっと前の世代ですね。存在を知ったのは随分後で、既にみんな夫々の活動をしていて、嘗て一緒に組んでいたことすら知りませんでした。
この〈少年メリケンサック〉が活躍していたのは80年代前半で、僕はその頃はもっぱら洋楽を聴いていました。それでも『ロングバケーション』『ナイアガラトライアングルvol.2』は持っていました。あとは松原みきも好きでしたね。最近知ったのですが、彼女亡くなっていたんですね。悲しいことです。
by 丹下段平 (2009-02-21 00:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。