So-net無料ブログ作成

「ウォッチメン」 [映画(2009)]

決してつまらなくはないのだが、何だか掴み所がなくてコメントし辛い作品。原作はアメコミの大手DCコミックスから出版されたベストセラー。でも残念ながら読んでいないどころか全く知らなかった。スーパーヒーローが不要になった時代のスーパーヒーローの悲哀を描いた設定は、何年か前にピクサーが創った『Mr.インクレディブル』と同様だが、本作の原作が先に出版されていることから、このアイディアを参考にしたのかもしれないが、『Mr.インクレディブル』の方がずっと面白かったし、良くできていたように思える(あと『大日本人』も同じ系列かもしれないが、さすがに『ウォッチメン』とは無関係だろう)。

1985年、ベトナム戦争に勝利し、ニクソン大統領(また出た)がずっと政権を握っている架空のアメリカ。ソビエトとの冷戦は続き、核戦争の危機に陥っている緊迫した世界。アメリカの歴史の表裏で活躍したスーパーヒーローたちは尊敬から強大なパワーが民衆から恐れられるようになり活動ができないように規制されていた。そんな中、スーパーヒーローのひとり〈コメディアン〉が何者かによって殺害された。嘗ての盟友である〈コメディアン〉の死を不審に思った〈ロールシャッハ〉(ジャッキー・アール・ヘイリー)はヒーロー狩りの線も含めて捜査を始める…というのが物語の設定と発端。

架空のアメリカ史ながら、実にアメリカらしい設定になっている。ケネディ大統領の暗殺、アポロの月面着陸、ベトナム戦争などにヒーローたちは深く係わりアメリカの正義のために戦ったというのが、何となく説得力があるように思えてしまう。そんな設定はとても面白いのだが、肝心の物語でそれ以上の面白さを感じられなかったのが残念である。何が『ウォッチメン』から興味を引かせたか考えると明確な答えは見つからないのだが、まずこの物語の語り部たる〈ロールシャッハ〉のキャラクターが一因であるように思える。顔の表情のないマスクは観客の感情移入を拒絶し、とても掴みずらい上に物語もやや込み入っているのでスクリーンとの距離が遠く感じてしまう。その上、後半になると視点が〈ロールシャッハ〉よりも〈ナイトオウル〉(パトリック・ウィルソン)や〈シルク・スペクター〉(マリン・アッカーマン)に移っていくので、尚更頭の中が整理しにくくなり、鑑賞しずらい作品になってしまっている。監督のザック・スナイダーは確かに映像は素晴らしいものがあったが、人間を描くのはやや配慮に欠けている印象を受けた。

この作品が原作に忠実なら老舗コミック会社のDCコミックス(『スーパーマン』や『バットマン』を発行)が自ら築いた世界観をセルフパロディにしたような形で壊していく本作は、とても意欲的であったのだろうけど、必ずしも映画では成功作だったとは言い難い。スーパーヒロインの際どいシーンは、コミックを読んで育った大人向けであることは伺えるのだが、それらが面白さまでには昇華しきれなかったのが残念な作品であった。

ウォッチメン.gif


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 6

漢

拝読……カカシさんじゃないよね?
by 漢 (2009-04-09 10:34) 

CORO

ヴィジュアルや設定に惹かれるものがあったんですが、
それも肝心のツボを外した頑張りだったみたいですね。
…DVDレンタル開始まで待つことにします。
by CORO (2009-04-09 21:10) 

nexus_6

ちょっと(というか、かなり)違いますが、
スガシカオの「正義の味方」という歌を思い出しました。
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND35470/index.html

by nexus_6 (2009-04-09 23:14) 

丹下段平

漢さん、こんにちは。
カカシに向いていますがカカシではありません。
by 丹下段平 (2009-04-10 08:00) 

丹下段平

COROさん、こんにちは。
評価が分かれる映画なので、チャレンジしてもいいかもしれませんよ。
by 丹下段平 (2009-04-10 08:02) 

丹下段平

nexus_6さん、こんにちは。
機会があったら聴いてみます。
by 丹下段平 (2009-04-10 08:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。